全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 エイケイ・ドラム教室 スクールブログ 大器免成ですよ

大器免成ですよ

 こんにちは。さて、3回目のブログになりますが、今回は 大器晩成 と見せかけて、大器免成 について?ですよー、わっしょーい。

2500年前に中国に存在したという老子という聖人の言葉として、日本人の一般常識として広く知られている 大器晩成 という言葉がありますが、これは実は誤りであり、 大器免成 が正しい老子の言葉だったらしいのです。

大器晩成 の場合、スケールの大きな人間はすぐには人に理解されない・器の大きな人間は完成するまでに人より時間がかかるものだ といった意味ですが、実際に老子が言っていたのは 大器免成 つまり、器の大きい人物は完成することがない・器の大きい人間はずっと成長し続ける というものだったんですなービックリ。

勉学においても、東大に入るメッチャ頭の良い方々の中でトップから2番目くらいのグループの方々は、確固とした自分流のやり方を持っていて、全てを自分流の横綱相撲の型に当てはめて処理していくらしいのですが、トップに君臨する方々はというと、何でも良いと思ったことは試してみて良ければすぐに取り入れて問題を処理するといいます。

この様に、自分の中に無いものや、自分で考え出したやり方以外のものは使わないなどという妙なこだわりを持っていない人ほど、自分の今現在の能力を超えてどんどん成長していける人なんだなー、と最近になって思うのであります。

これはどの分野にも言えることなので、ドラムの奏法やフレーズやパターンの組み立て方等、人がやってる方法・人に言われたことだとしても、やってみてその曲や自分に合わなかったらやめれば良いだけですし、ものは試し、やってみたらいかが?
自分のキャパシティを超えて、永遠に成長し続けましょうmy friends…

ということですっ。よっしゃー。


 

(2013年5月30日(木) 19:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

専門学校のドラム科出身。ドラムについて、どんな些細なことでも親身に対応

エイケイ・ドラム教室
小平晶隆 (ドラム)

代々木・新宿・立川・八王子・吉祥寺・三鷹・国分寺・日野・中野・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪...

ブログ記事 ページ先頭へ