全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #926 (5...

#926 (5/17)~16分音符♪

おはようございます、ドラム講師の金澤です。
今日は三ノ宮と江坂でレッスンでした。日中は晴れて暑い程でしたが、夜急に寒くなりました。まだ気温が下がるなんて…今年は変な気候が多いです(^_^;)。

さて、譜読みが苦手な人は多いですが、日頃生徒さんから質問の多い「16分音符」のしくみを分かりやすく教えたいと思います。

まず、画像一番左にある[A]を基本とします。①②③④と順に番号を付けておく事で音符の数が変化しても場所が分かるようにしました。同じように手順もオルタネート(右から交互に)で書いておきました。

基本となる[A]を「音が3つ」、「音が2つ」、「音が1つ」とグループに分け、「音が3つ」は16分音符が1つだけ無い状態で、①から④のどれか1つが抜けているグループとなります。同じように「音が2つ」は16分音符が2つ無い状態。「音が1つ」は16分音符が3つ無い状態を表してます。

画像を見ると分かりやすいと思いますが、これを見ると手順や場所が明確に覚えやすくなると思いますので、ゆっくりじっくり理解してください。
特に自分で譜面を書いている方には便利だと思います。

これで何か質問があればレッスンで♪

#926 (5/17)~16分音符♪

(2013年5月17日(金) 3:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・尼崎(JR)・芦屋・三ノ宮・兵庫・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ