全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 ヒビノドラムスクール スクールブログ はじめまして

はじめまして

どうもこんにちは

今回ドラムの講師をやらせてもらうことになった日比野慎也といいます。
よろしくお願いします。

講師としてのブログは何を書けばいいのやら…
とりあえず自分がなぜドラムをやり始めたきっかけを書こうと思います。

そう、それは私が高校生一年の時にさかのぼります…
中学校柔道部さえなかった私は、高校では帰宅部になりたかった(笑)
ただしんどいことしたくなかっただけですが…

まぁ当然のように部活の勧誘があるわけです
なぜか吹奏楽部の勧誘がめちゃくちゃしつこくて(下駄箱で待ち伏せされたり、自転車の鍵を持ってかれたり…)泣く泣く体験入部しました。

当時音楽なんて軟弱者のやるもんだと思っていた私はすごく嫌だったけど、唯一惹かれる楽器があったのです。

それがドラムでした。
先輩が叩いてる姿はめちゃめちゃかっこ良くて、これならやってみてもいいかもって思いパーカッションとして入部したんです。
はじめはかっこよくドラム叩いて女の子にもてたいぐらいにしか思ってなかったのですが(笑)
やってくうちにどんどんのめり込んでいき、気づいたらバンドを始め進路は音大に…

そして今に至るわけです。

こんな感じで今もドラムやっています。

音楽をはじめる動機ってほんと単純なんですよ。
ただ格好良いだったり、単純にドラムが好き、音楽が好き、ただいいかっこしたいなんかもそう…
でも、その初期衝動が一番大事だったりするんですよねー

ドラムを始める人も今やってる人も始ったきっかけや音楽を楽しむことを忘れないで欲しいです。
難しいフレーズやテクニカルなビート何かを練習してると目の前のことにやっきになってついつい音楽を楽しむことを忘れがちです。
そんなときは、楽器を始めた時の気持ちや音楽始めた動機なんかを思い出してみてください。
なにか答えが見つかるかもしれません。

なんか話が飛び飛びになってしまいましたが(笑)これからよろしくお願いします。


日比野慎也



 

(2013年5月15日(水) 1:32)

次の記事

この記事を書いたコーチ

全国47都道府県のツアーを実現!メジャー経験コーチが明るくレッスン

ヒビノドラムスクール
日比野慎也 (ドラム)

渋谷・代々木・新宿・池袋・町田・中野・江古田・練馬・ひばりヶ丘・野方・梅ヶ丘

ブログ記事 ページ先頭へ