サイタ音楽教室ドラム教室東京 One Passionドラムスクール スクールブログ スティックを持...

スティックを持たなくても出来る練習♪

 ドラムは叩くこと以外にもいろんな練習方法があります。

例えば、曲を聴きながらテンポに合わせて歩いてみたり

(あまり早いテンポだと走らなきゃいけない!?笑)

8分音符の裏を感じながら歩いてみたり。

時計の秒針はBPM60なのでその裏拍を取ってみたり。



実際にそういった普段の生活の中でリズムを感じることは

必ずドラムを叩く時にも表れてくるんですよ^^


 

(2013年5月7日(火) 9:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンド時代は年間100本以上のライヴも!体にあったセッティングからOK

新着記事

こんばんは。 Syougo star 改め 彰吾です。 先日の雪は凄かったですねー!!朝起きると、まるで別世界。 20年に1度と言われるほどの、ココは東京かと疑うくらいの降雪量でしたね。 去年北海道に行って札幌雪祭りの大雪像のなめことかアンパンマンとか、 味噌ラーメン食べたことと...

 こんばんは^^ コーチの大山彰吾です!ご機嫌いかがですか?? 今日は気温が暖かく晴天に恵まれ、過ごしやすくドラム練習にもってこいの1日をなりました。 明日は雲が発生しますが、今のところ雨の気配はありませんが、 15時以降からみぞれが降るでしょう(天気予報士っぽく) ...

ルーディメンツとは今やスネアテクニック上達のため セットドラミング応用のための基礎の基礎となっていますが 本来、スイスの軍隊から産まれたものだそうです。 敵との戦闘中に別動隊へ命令を伝えるために、小太鼓を使い 指揮したそうです。 「知っとるわいー!!」 そんな人...

こんばんは。 コーチの大山彰吾です。 今日は自宅での練習について書いてみます。 「家でドラム叩けるよー」 って人はそうそういないかと思います。 ほとんどの人は、練習パッドや電子ドラムでしょう。 または脚のモモの部分をパタパタと。 僕は自宅では電子ドラムですが、 ...

スティックには色んな種類があります、 メーカー、材質、サイズやチップが別の素材だったり。 1.ヒッコリー 最もポピュラーで手に馴染みやすい。 温かみを感じるサウンド。 2.オーク 硬い木材で音色も硬質。 ロックやハードロックに適しています。 3.メイプル 柔らかい音色でヒ...

ブログ記事 ページ先頭へ