全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #914 (5...

#914 (5/5)~ドラムに慣れよう♪

おはようございます、ドラム講師の金澤です。
よく初心者の方からの質問で、普段の練習用にと、「練習パッド」や「電子ドラム」の購入について聞かれます。
自宅では大きな音が出せない事もあり聞かれるのですが、初心者の方こそ一番重要なのは本物のドラムに触れる事です。

「練習パッド」は、スティッキング(手の動き)練習には良いと思います。ですが、ハイハットとのコンビネーションやタム移動等の練習は出来ません。スネアだけの練習になってしまいます(たまにフルセットの練習パッドもありますが)。

「電子ドラム」は、全ての楽器があり便利のように思いますが、どんな叩き方をしても同じ音がするので上手くなったと勘違いしてしまう危険性があります。また、どれも同じ口径(形)なので楽器の大きさやセッティング(距離間)が想像出来なくなります。

ですので、私は上記両方ともオススメしていません。それよりも、少しでもスタジオに足を運び、個人練習する事の方が大事だからです。
生のドラムに慣れるというのは、一つ一つの楽器を知り、感触や叩き方を学ぶ事です。ドラムはヘッドがあり筒(胴)を鳴らす楽器、シンバルは金属。練習パッドや電子ドラムとは全く違います(※経験のある方は様々な使い方が出来るので素晴らしい楽器として意味があると思います)。

初心者の方は、まず生のドラムに慣れる事から始めましょう♪ そのための叩き方や練習方法は私がレッスンでちゃんと教えますので♪

P.S.
FOXで放送されている今年の「アメリカン・アイドル」。ベスト4まで来ました♪しかも4人全員初の女性です。皆凄く上手で誰が優勝してもおかしくありません。生の演奏やアレンジが楽しめる唯一の音楽番組♪毎週楽しみです。

 

(2013年5月5日(日) 0:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ