全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 もっくん ドラムの学校 スクールブログ ドラマー前夜v...

ドラマー前夜vol.1


ども!

もっくんこと森信行です。

今日はぼくが何故ドラムを叩くようになったのか、ガキの頃からさかのぼって行きますよー

今を遡る事、30年。

僕が初めて意識的に『叩く』って行為をおもしろいって思えたのは小学校2~3年の頃。

うちはオヤジが絵とか彫刻を自分で描いたり造ったりする『アトリエ』があるちょっと変わった家でした。

山の上の家で隣も離れてたので、昼間っから結構爆音で音楽聴いてました。

オヤジがベートーベンの運命に合わせて指揮のまねごとしたり、カラオケ(十八番は石原裕次郎)爆音でやってたり。。。

で、 これがいまだに謎なんですが、趣味で何故かギロ(洗濯板をひっかくみたいな楽器)とマラカスとボンゴを持ってて、たまに音楽に合わせて叩いたりして遊んでました。

『楽しいからほれ叩いたみぃ』と僕に楽器を渡してくれるんですが、叩き方わからないし、恥ずかしいし、最初は絶対触りたくなかったんです。

それがある日、『自分の頭の中に浮かんだフレーズを口ずさめるなら、それを叩いて音にしたらええんや!』とパッキーンと覚醒した瞬間があって。ここ一番大事なとこなんやけどうまく説明できないんだ。。。。とにかく思考が180度逆転したのよ。

それから叩く事が急に楽しくて楽しくてしょうがなくなってしまったんです。

みんなのうたとか、子供番組のサントラとか、アニメソングとかに合わせて適当に叩くのが楽しくて楽しくて。

一番楽しかったのがsax 渡辺 貞夫/グレイテスト・ヒッツ。

当時なんの知識なく聴いてたんですが、おっきくなって参加してるミュージシャン見てビックリ!!!ドラマーだけでも、スティーブガッド、リックマロッタ、ハービーメイスン等、当時の(今もだけどw)最先鋭のミュージシャンが参加してたすげぇアルバムだったのよ!

よくぞ持ってた親父!

残念ながら絵の方はからっきしダメだったけど、逆によかったなーと思う。

技じゃなく、ハートだけ頂きましたって感じかなー。

ドラマー前夜vol.1

(2013年4月24日(水) 11:04)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

あの、くるりのオリジナルメンバー!フリーのドラマーとして精力的に活躍中

もっくん ドラムの学校
森信行 (ドラム)

渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・中野・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・西荻窪・大久保・幡ヶ谷・明...

ブログ記事 ページ先頭へ