全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

60分あたり4,300円〜の
低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

サイタ音楽教室ドラム教室福岡 黒木弘志ドラム倶楽部 スクールブログ そしてドラムへ

そしてドラムへ

新聞配達の給料は一ヶ月で7000円くらいだったかな。

毎月一枚レコード買って、あとは貯金。
それで冬には晴れて4万円のベースを買う事が出来た。

で、この間に勧誘を受けて学校のブラスバンドに入ったんだ。
吹奏楽部ってヤツね。
ここでの担当はトロンボーン。
何かどんどんドラムから離れていくなぁw

ブラスバンドの場合、ドラムというよりパーカッションだからね、大太鼓や小太鼓。
だからあんまりやりたいと思わなかったンだよなぁ。
今にして思うと、この時パーカッションやっとけばよかったかナ、とも思うケド。

ベースの方はというと、買った楽器屋さんで教えてくれるってんで、週一回行ってた。
けども、ベースをナメてた事を痛感。

弾くどころか、フレットが離れすぎていて届かない。
しばらくは頑張ってたんだけど、無理に指広げようとすると「イテテテ・・・」となり、満足に弦も押さえられず、次第に楽器に触るのも減っていってしまった(ただの根性無しw)。

やっぱドラムがいいなぁ・・・とまた思い始めて、とりあえず楽器屋で山ほどカタログもらってきて眺めてたんだが、スティックなら買えるじゃないか。
そしてカタログに練習台なる物が載っている。

ははぁ、ブラスバンドのパーカッションが木の板みたいなの叩いてたが、これかと。
消音もしてあるようだし、これなら自宅でも出来るな、と購入を決意したのは中学2年の時だった。

随分と端折りましたがw
いよいよ、長~いドラマー人生の始まり始まり~♪と、相成ります。

 

(2013年4月23日(火) 17:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーデビュー後、参加バンドは数知れず!初歩の初歩から親身にレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ