全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 バシリズム・ドラムスクール スクールブログ ドラムの練習は...

ドラムの練習は…どこでもできるっ!

どうもこんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。
だいぶ暖かくなってきましたね!末端冷え性の僕はこれからだんだん元気になっていきます(笑)

さて今回のお題は
「ドラムの練習はどこでもできちゃう~~」
です!!

ドラムを始めたいけど、家がマンションだから練習できないしな~…となかなか踏み出せないでいる方はかなりいらっしゃると思います。でもそんな心配はいりません!僕も学生時代は実家がマンションでした。ではどのように練習していたのか、練習場所と方法をこれからご紹介したいと思います。

●その1 家で練習パッド
僕が中学~高校の時はこの練習がメインでした。枕や雑誌を使うのもありですが、ゴム製のパッドはスティックの跳ね返りがあるので、基礎練習に最適!また、これ一個でドラムセットをイメージし、練習することも可能です。若干振動があるので、夜遅い時は座布団などをひいてました。もしくは公園や土手などに持ち出せば、振動も気にせず練習できます。

●その2 通勤・通学の電車内で手足のコンビネーション練習
僕の中高時代のもう一つのメイン練習場(笑)たまに電車内で手足を動かしてる方、見かけますよね?あれはただノリノリで俺ドラムできるぜアピールをしているだけではありません(いや、どうだろう^^;)ドラムのリズムパターンにおいて手足の組み合わせは、まず最初に苦戦することになると思います。忙しくてなかなか練習もできない時は、この電車内での練習が意外と有効です。スティックを使わなくてもできちゃうんです!ちょっとした待ち時間でも練習練習!

●その3 スタジオで個人練習
ほとんどの貸しスタジオには個人練習というシステムがあり、前日~当日、部屋が空いていれば一人一時間500円~800円ほどで借りることができます。学校帰り、お仕事帰りに一時間!たとえ週に1回でもスタジオで個人練習をすれば、フットワークもしっかり鍛えられますし、良い音色を作るトレーニングにもなるので、確実に上達していきます。お金がない時は外食を一回我慢して練習に充てるというのも一つの手ですね(笑)

その他、今とても売れている電子ドラム(これも若干振動対策は必要ですが)、スティックを空振りしてグリップやフォームのチェック、など様々な方法があります!あとは上達への道筋を立てたり改善するポイントを見つけるのはレッスンで(笑)

新年度ドラムを始めてみたいと思っている皆さま!体験レッスンのお申し込み、心よりお待ちしてます★

ドラムの練習は…どこでもできるっ!

(2013年4月4日(木) 18:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

お兄さん的存在!ハートフルなアドバイスと「いい音色」を目指す

ブログ記事 ページ先頭へ