全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 こだかり どらむ音楽教室 スクールブログ 3月29日 初...

3月29日 初心者〜中級者の方で、 「速いスピードで叩けるようになりたい!」 と思っている方へのアドバイスでございます。

毎週金曜日はドラムの日って事で、
今回は、

初心者〜中級者の方で、
「速いスピードで叩けるようになりたい!」
と思っている方へのアドバイスでございます。

キーワードは、
「リバウンドコントロール」
です。
ワシの言葉では誤解を招く恐れがありますが、ざっと説明させて頂きます。


ワシも昔はそうじゃったのですが、
速い曲を演奏する時は気合いとか根性とかで速く叩こうとしてました。
で、結果としては・・・

・腕パンパン。
・指に変な豆が出来たり。
・どっかの筋が痛い。
・リズムもキープ出来ん。
・オーマイガッ!
・三途の川が見える事がある。

これに2つ以上該当してしまう方は 直ちに自分の叩き方を、演奏を、見直してみる事をオススメします。
そんな叩き方をしよったら、最悪、ドラムを演奏出来んくなってしまいますよ。
ホンマに。

じゃー、どーすりゃええんか?

リバウンドコントロールでございます。

感覚で言いますと、
「叩く」っちゅーより、「弾ませる」です。
で、あとはタイミングをつかむ事。
そして、指先、手首のコントロールです。

バスケットボールなどでのドリブルをイメージして下さい。
あれのスティックバージョンです。

何のこっちゃですよね?笑


ワシの生徒さんは、まずコレを最初に体感して頂きます。
コレを知っているのと知らないのでは、上達のスピードにも「大きい違い」が出てくるからです。


話を戻しまして、

速いスピードで演奏する時こそ、身体をリラックスさせておく必要があります。
そしてリバウンドコントロール。

YouTubeで
グラッドストーン
で検索するといくつか動画が出てきます。
IDが、
studiolite402
のヤツがオススメです!
今回の記事で興味のある方は是非一度ご覧下さいませ〜

中途半端な記事になってしまいましたが、参考にして頂けたらと思います。
m(_ _)m




こだかり どらむ音楽教室
小鷹狩大介

3月29日 初心者〜中級者の方で、 「速いスピードで叩けるようになりたい!」 と思っている方へのアドバイスでございます。

(2013年3月31日(日) 0:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

広島弁・育メンドラマー。温かい先生と「やっちょってよかった」がある

こだかり どらむ音楽教室
小鷹狩大介 (ドラム)

横浜・五反田・渋谷・原宿・溝の口・登戸・町田・都立大学・自由が丘・新丸子・池尻大橋・...

ブログ記事 ページ先頭へ