サイタ音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #862 (3...

#862 (3/14)~メトロノーム活用法♪

おはようございます、ドラム講師の金澤です。
毎日ブログを更新してますが、ずっと読んでくださってる方が多く感謝します。日々私のウンチクばかりですが、少しでもお役に立てればと思います。

しかし今日は1日変な天気でしたね。昼までは晴れて暖かく、昼から曇りだし雨に…。夜は風もあって寒かったです。なんちゅう天気や!移動の多い私には辛いです。

レッスン移動途中、ドトールで休憩~。久々のケーキセットを頼みました。「かぼちゃのタルト」が一番のオススメですが、今日は「ガトーショコラ」を食べました。1コインでこれだけ美味しく頂けてゴキゲンです♪かなり元気が出ました(何の話や~♪)。

さて本題へ。個人練習の時にメトロノームを使っていると思いますが、メトロノームにも様々な使い方があります。リズム感をもっと良くする活用法をいくつか紹介しますので、練習でチャレンジしてください。

1),メトロノームをスネアの位置に合わせる。
通常、4分音符をひたすら流してると思いますが、これを2拍目と4拍目=スネアの位置だけ出すように感じ練習します。例えば60のテンポでメトロノームを流し、120のテンポ感で8ビートのスネアの位置にメトロノームを感じます。2拍目と4拍目しかメトロノームが出てない感覚になり、それに合わせてリズムパターンを叩く練習をします。1拍目と3拍目が鳴ってないので少し練習しないと慣れません。

2),8分ウラでメトロノームを感じる。
これは単純にメトロノームを4分音符でひたすら流し、全て8分ウラでメトロノームを感じるという練習。カウントを口で言いながら演奏するのがポイントです。

3),3連符の3つ目をメトロノームで感じる。
これは少し難しいですが、シャッフルやスローロック系の練習には効果があります。
3連符の3つ目にメトロノームが来るよう意識し感じます。それに合わせて3連系リズムパターンを叩きます。

まだまだ色々と活用法はありますが、まずは上記のパターンでチャレンジしてみましょう。意外と難しいので根気よく練習する事です。

 

(2013年3月14日(木) 0:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

新着記事

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 北大阪での地震後、まだ連絡が取れていない生徒さんが何名かおられます。心配しておりますので何卒連絡をお願い致します。 又、地震による影響で振替となったレッスンも多く、かなりスケジュールがタイトとなっております。レッスン日程を決められて...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 北大阪での地震後、未だ連絡が取れていない生徒さんが何名かおられます。心配しておりますので無事であれば何卒連絡をお願い致します。 地震による影響で振替となったレッスンも多く、レッスン日程を決められてない生徒さんは早めの日程提案をお...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ YAMAHAのEAD-10はアコースティック・ドラムをセンサーマイクとトリガーマイクを通じて音色を変換させるエレクロニック・アコースティック・ドラム・モジュールです。 (分かる人には理解してもらえますが、何だかTDSタートルトークの...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 今日は久々に私の母校である音楽専門学校に行ってました(^_^) 自身のスクール行事を含めた相談や近況報告等を話し、学校の様子を聞いてきました。 又、教え子も何名か在学しているので、学校生活の様子等も聞いてきました。 専門...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 入会すると1レッスン無料になるキャンペーンが今月中(6月末)までとなります。 2018年6月30日(土)までに体験レッスンのお申込みをされた方が対象ですので、体験レッスンを考えておられる方は是非お申込みください♪ 同時...

ブログ記事 ページ先頭へ