全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #862 (3...

#862 (3/14)~メトロノーム活用法♪

おはようございます、ドラム講師の金澤です。
毎日ブログを更新してますが、ずっと読んでくださってる方が多く感謝します。日々私のウンチクばかりですが、少しでもお役に立てればと思います。

しかし今日は1日変な天気でしたね。昼までは晴れて暖かく、昼から曇りだし雨に…。夜は風もあって寒かったです。なんちゅう天気や!移動の多い私には辛いです。

レッスン移動途中、ドトールで休憩~。久々のケーキセットを頼みました。「かぼちゃのタルト」が一番のオススメですが、今日は「ガトーショコラ」を食べました。1コインでこれだけ美味しく頂けてゴキゲンです♪かなり元気が出ました(何の話や~♪)。

さて本題へ。個人練習の時にメトロノームを使っていると思いますが、メトロノームにも様々な使い方があります。リズム感をもっと良くする活用法をいくつか紹介しますので、練習でチャレンジしてください。

1),メトロノームをスネアの位置に合わせる。
通常、4分音符をひたすら流してると思いますが、これを2拍目と4拍目=スネアの位置だけ出すように感じ練習します。例えば60のテンポでメトロノームを流し、120のテンポ感で8ビートのスネアの位置にメトロノームを感じます。2拍目と4拍目しかメトロノームが出てない感覚になり、それに合わせてリズムパターンを叩く練習をします。1拍目と3拍目が鳴ってないので少し練習しないと慣れません。

2),8分ウラでメトロノームを感じる。
これは単純にメトロノームを4分音符でひたすら流し、全て8分ウラでメトロノームを感じるという練習。カウントを口で言いながら演奏するのがポイントです。

3),3連符の3つ目をメトロノームで感じる。
これは少し難しいですが、シャッフルやスローロック系の練習には効果があります。
3連符の3つ目にメトロノームが来るよう意識し感じます。それに合わせて3連系リズムパターンを叩きます。

まだまだ色々と活用法はありますが、まずは上記のパターンでチャレンジしてみましょう。意外と難しいので根気よく練習する事です。

 

(2013年3月14日(木) 0:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ