全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室福岡 黒木弘志ドラム倶楽部 スクールブログ 初めまして!

初めまして!

この度、コーチに就任致しました黒木弘志と申します。
アダ名はずっと「ひろピー」でした。

30年というもの主に東京、神奈川、千葉を中心に全国各地でプロ活動を行ってきましたが、色々あってここ1年半くらいは九州に戻っていました。

今まで教えることも多々やっていました.
ですが、自分が現役のせいで自分の悩みの方が深刻だったりしてw
基本、日々の仕事に追われる日々で、教えるという事にはそれほど力を入れてはいなかったんです。
まぁ来る者は拒まずって事で教えてました。

人に指導出来るどころか、私もまだまだ勉強中の身です。
この世界はいくらでも上には上がいますから。

しかし、自分のキャリアの中からアドバイス出来たとして、それが誰かの助けになるとしたならば、それは共有していいんじゃないかと。

私自身、教わったという事がほとんどありません。基本、独学です。
なので、全て現場で覚えたことばかりです。

ルーディメンツとかに詳しく、上手だったとしても実際のアンサンブルで音楽にならなければ意味がありません。
よって、私が教える場合は全て「実戦的」となります。
つまり、すぐ叩ける、という事です。
4、5年前だったか、初めてスティック持った中一の女の子が2時間のレッスンで8ビート叩けるようになりました。

レッスンプロみたいな方々にしてみれば、私の教え方は邪道でしょう。
プロになりたい、というのならば話は別ですが、ただドラムやってみたい、という人にドラムをプレイする楽しさを判ってもらえなければ、生徒にとって練習はただの苦行になってしまう。
何だか無理に嫌々ながら塾に行かされるようで、そういうのはイヤなんです。

「教える」と「教わる」は実は同義なんです。
一緒にやりませんか?

















 

(2013年3月1日(金) 0:51)

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーデビュー後、参加バンドは数知れず!初歩の初歩から親身にレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ