サイタ音楽教室ドラム教室東京 バシリズム・ドラムスクール スクールブログ 基礎練「も」し...

基礎練「も」しよう!

どうもこんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。

僕はドラム以外に没頭できるような趣味をあまり持ってないのですが、
ここ一ヶ月くらいスマホアプリの「LINE POP」と「LINEバブル」にハマってます(笑)

普段あまり会っていない知り合いや友人とも水面下で競っていて、勝てないと悔しくて眠れない!…とまではいかないですが、だいぶ<ムキィー!!>という感じになります(爆)

そんなことばっかやってないで仕事しろってね……


さてさて、今日のお題は

「基礎練『も』しよう!」

です。。。

ドラムを始めて間もない方、ある程度経験を積んだ方、基礎練習はしてますか??
ドラムで曲を叩くのは好きなんだけど基礎練はなーんかつまんないんだよねえ~、という方、お気持ちよ~~くわかります!
基礎練をトコトコひたすらやるのが好きな方もいますが、多くの方はめんどくさいと思っているでしょう。僕も割りとそっち寄りです^^;

しかし!基礎練はとても重要です。
曲の練習ももちろん大事ですが、その曲の中にも基礎的な要素がたくさんあります。

例えば、ロックフィールの16ビートで「チキチキタキチキチキチキタキチキ…(1,3拍目BD、2,4拍目SD)」と、手がずっと連打しているパターンの場合。
まずこの16分チキチキ…が均等なタイムで打てなければ、あんまりかっこ良い感じになりません。チキッチキッ、タッキチキッ…となると、もれなく一緒に演奏する人のテンションが下がります(笑)

16分を均等なタイムで叩くのは、このドラムパターンで練習するのもありですが、練習パッドなどを使い、クリック(メトロノーム)をかけながら一箇所を叩くことにより、手足の組み合わせなど他の事に捉われることなく、16分のタイムに集中することができます。

これはほんの一例で、曲(音楽)の中には様々な技術的な要素があります。なんとなく通して演奏できても、それを「上手く」聴こえさせるには、基礎的な技術が必要不可欠となります。

かといって基礎ばかりやっている方もたまに見受けられますが、それもあまり意味が無く、基礎→バンドをやったり、難しい曲に挑戦したりと、「実践」につなげていかないとせっかく身につけた基礎能力を活かせません。

さあ、今日から1日10分!基礎練タイムを作ってみませんか~!?

そもそも基礎練とはなんぞや??という初心者の方も大丈夫!僕のレッスンでは基礎的な部分もしっかりレクチャーします(笑)


ではではまたお会いしましょう★

基礎練「も」しよう!

(2013年2月28日(木) 15:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

お兄さん的存在!ハートフルなアドバイスと「いい音色」を目指す

新着記事

皆さんドラム楽しんでますか~ まだはじめてない方はいますぐはじめましょう(笑) というわけで今回のテーマは目指せ脱初級者! 「初見能力アップに欠かせない手順のセオリー」 ピアノの楽譜にも運指番号が書いてあるように、ドラムもスムーズに演奏しやすい手順があります。 特にバンドスコ...

今回のコラム!お題は 「ポジティブ練習法」 以前テレビでゴルフのレッスンプロの方が行っていたのを参考に、自分のレッスンにもアレンジして取り入れています。 生徒さんにも普段の練習としてオススメしていますのでザックリとご紹介します! ●「できない」を繰り返すとスラン...

おかげさまでバシリズム・ドラムスクールが、コーチアワード2017ドラム部門にて受賞しました! 「コーチアワード2017」とは… 「サイタ」にて、2016年4月〜2017年3月の期間中に、レッスン実施数や継続率、入会率等を指標とする「受講生満足度」が特に高いコーチを20名選出し、表彰。 ...

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。 新年度、新しいことをはじめるにはぴったりな季節となりました。 私は最近、譜面を書くという作業を「紙とペン」から「コンピューター」へ移行するため、日夜試行錯誤をしております! さてさて今回のお題は 「ドラム上達には欠かせない(ち...

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。 音楽は普段ロックばかり聴いていた私ですが、最近の仕事の影響もありジャズ、特にビッグバンドに魅力を感じてます。 これを機にジャズに対する苦手意識を克服したいものです(^^;; さて、今回のお題は 「タイム感向上計画〜リズムの...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ