全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 渡辺ひろとしのドラム教室 スクールブログ きっかけ色々。...

きっかけ色々。摩擦が楽しい。

最近はアニメのテーマソングを演奏したくて、楽器を始める方が多い様ですね。
アニメの歌は僕らの時代とは趣が違って普通にポップスですもんね。聴いていてとても楽しいです。

人気のあるものはバンドスコアが発売されていたりして、ジャンルは違えどそこは今も昔も変わらないですか。

色々なきっかけにより楽器や音楽、自分の表現を始める事は大変素晴らしいです!

自分などは、聴くだけじゃつまらないから友達内で楽器を始めようとなって、残ったパートがドラムだった事、出会った先生が素晴らしいプレイヤーだった事がきっかけです。

何がきっかけになるか、わからないものです~。

あとは続くかどうかとかの話ですか。

バンドでやろうとなると「思いレベル」とでもいうものが皆違うのは当たり前ですから、進行が大変になるのを見越しておかなければなりません。

ドラマーとしては完コピーを目指さなければ、基本的なリズムをマスターすれば対応しやすい楽器パートではないかと思います。(僕の大雑把さがバレます)

一人でやる分には、逆に色々なアプローチを考えられるのが楽しいと思います。

いずれにせよ、『始める事』『続ける事』がツールになります。

音楽は永く付き合える最高のツール。

2~3年ぶりに友達と再開して、

「まだ楽器やってんの?」
「オレもオレも~」
「今度スタジオ入ろうよ」

と、またバンドが再開するのはざらに起きる事なのです。

新しく何かを始める時に色々考えて悩む事があるでしょうが、そういう『摩擦』も含めて『音楽ライフ』です。

『摩擦』は後で笑い話になりますから、一つ「すべらない話」が自分に出来る位の心持ちで居るのが楽しいと思います。

 

(2013年2月15日(金) 19:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラムの魅力を熱く楽しく伝える誠実レッスン。音楽の話も盛り上がる!

ブログ記事 ページ先頭へ