全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室広島 にいもとやすとのドラム教室 スクールブログ 基礎練習を楽し...

基礎練習を楽しくする方法

僕のレッスンでは、全く初心者の方でもクリックを鳴らして基礎練習をしてもらっています。
クリックにあわせて叩くことは、ほとんどの人がつまらなく感じるとお思います。
僕もそう思って、そういう練習が苦手でした。

ただ、現在の音楽では、クリックが鳴っている中で演奏できる事が当たり前のレベルにきています。
なので、日本で流れているほとんどの曲は、プレイヤーがクリックを聞きながら録音したものか、打ち込みと言って、機械の演奏したものです。

そういった、テンポに揺れのない音楽を聞き慣れている現代人は、
揺れのある演奏を聞くと、あんまり上手くないなと思ってしまうのも事実です。

注意してもらいたいのは、揺れることはダメじゃないんです。
ただ、クリックの中で演奏できる人と、そうでない人では、
明らかに揺れの幅が違うんです。

クリックの中で演奏できなくても良い演奏をする人は沢山います。
そういう人を否定はしません。が、多くの人はヘタウマと言う評価をされています。

僕は、ヘタウマと上手いの違いは、毎日コツコツと積み上げたクリック練習の差だと思うんです。
クリック練習も左手の強化も、一朝一夕にはできません。
やりすぎは良くないですが、やらないとできるようにはなりません。


前置きが長くなりましたが、その基礎練習を楽しくする方法です。
「現代の音楽はクリックにあわせて叩いているモノばかり」と言うのなら、
逆に考えると、その曲にあっていればクリックにあっていると考えても良いと言うこと。

なので、テンポ80~100くらいの曲を見つけてきて、
その曲にあわせて基礎練習を行えば、曲を叩いてる雰囲気も味わえ、
無機質なクリック練習が楽しくなると思います。

注意点は2つ。
①4/4拍子の曲でやること。
②いきなり速い曲でやらないこと。

詳しくはレッスンの中でご紹介します。


 

(2013年2月12日(火) 23:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

サポート歴多数なのでプロ志望もOK!未経験者も基礎からじっくり対応

にいもとやすとのドラム教室
新本康人 (ドラム)

横川・八丁堀・日赤病院前・西観音町

ブログ記事 ページ先頭へ