サイタ音楽教室ドラム教室東京 渡辺ひろとしのドラム教室 スクールブログ されど8ビート...

されど8ビート。

音楽の世の中には
感じ入る8ビートというものがあります。

ドラムを学ぶのに早い段階で出会うビートが8ビートです。
これが中々に奥が深い。

上手い人の8ビートを聴くと目から、ではなく耳からウロコが落ちる心境になります。

上手いの定義は人それぞれでしょうから、今回は僕が感じ入る8ビートを挙げていきます。

アメリカの大御所トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズより『メアリー・ジェーンズ・ラストダンス』

アメリカ人の心ともいうべきバンドの8ビートが冴え渡ります。

マイケル・ジャクソンの『ビリー・ジーン』

この頃のマイケルはプロデューサーにクイーンシー・ジョーンズを迎え、モータウン・サウンドな仕上がりで最高にノリの利いた8ビートが聴けます。

TVゲームの音楽も、その世界観を表すのに重要な部分を担います。

メタルギアソリッド3のテーマソング『スネークイーター』中の8ビートも一品です。

曲調は昔の映画『007シリーズ』のテーマソングそのままで、いかにもジャズのビッグバンドが歌ものを演奏しましたというニクイ演出のスタイル。

手練れのジャズマンが叩きだすノリのきいた8ビートといった感じ。グイグイきます。
(もしかしたら打ち込みかもですが、それでも往年のビッグバンド風8ビートには脱帽です)


生で聴ける機会がありましたらぜひ、その音をしっかりと記憶して下さい!

百聞は一見にしかずですー。

 

(2013年2月9日(土) 16:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラムの魅力を熱く楽しく伝える誠実レッスン。音楽の話も盛り上がる!

新着記事

あけまして おめでとうございます 皆様の 発展とご健康を お祈り致します なんでしょうかね 暦、 特に年末にはリミット感 年始にはスタート感が 暗示のように 気持ちに降りかかって 来ます(^_^;)? ダラダラ惰性的人間 としましては そのような...

練習しているときの感覚 は なんと言いますか ぼく個人では 叩くのは 手と足で、 それを脳が 解析して 意志がその情報を 目指す、行くべき状態に するべく 整理していく という感じだと思います ´∇` ですから、 手と足の指先に意識を め...

フットワークの軽い装備? というのはどうでしょうか。 ちょっとセッション やらない?という時に 例えば スネアにハイハット、 バスドラ代わりに カホーンの リズム3セットを 持っておくとか、 お?楽器やってるの? じゃちょっとスタジオ 入って遊ぼう! ...

『見る』のも大事! 人は実に 情報の70パーセントは 視覚から取り入れている と言われています。 ドラムは楽器では ありますが 吹奏楽器や弦楽器に 比べて 立ち振舞い、 フォーム、 叩く姿を 『見る』だけでも 沢山の気付きを 得られる楽器だと 思います...

大好きな楽曲! 世の中には たくさんたくさん あるでしょう。 それはあなたが 愛した宝石の数々。 あなたの愛そのものです! それと同じように たくさんの他の人も 愛して止まない楽曲を もっています なかにはその曲を coverしてネット配信 しているミュージシ...

ブログ記事 ページ先頭へ