全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #827 (2...

#827 (2/7)~セッティング♪

おはようございます、ドラム講師の金澤です。
昨日レッスンペースの話をしましたが、私のスケジュールをブッキングするのが一番難しいようです(確かにそうかも…)。これまではレッスンごとに次の予定を決めていたのが、先の事も考えて1ケ月分決めていく生徒さんが増えました。その為、一気に何ケ月先まで予定が埋まってしまいます。こればかりは早い方順です。ご迷惑かけますが何事も早めが一番、皆さん宜しくお願いします。ちなみに今は4月末まで埋まってきてます。

さて、レッスンでよく私のセッティングについて聞かれます。実際に私のライヴを見られて色々質問を受けてます。参考になるか分かりませんが、簡単にセッティングについてまとめてみました(使用楽器に関しては以前のブログ#802(1/13)~機材♪を参照して下さい)。

画像上はセット全体の様子。これはカメラマンさんから頂いた写真です。画像下はセットを上から見た様子です。

まず最初にセッティングするのは楽器ではなくイスです。ドラムを演奏する際、何より重要なのはイスのセッティングです。私は比較的高くセッティングし(22"のバスドラムより高いです♪)、距離は膝から真下に左右のペダルが来るようにしてます。座る位置も前の方で脚が楽な姿勢になるようにします。

次にスネアドラム。ストレイナー(響き線のスイッチ)が左手で操作出来るよう7時の方向にセットします(普通はこの状態にするとフロントにプレートがきます)。高さはイスが高い分上げますが、深胴(7")なので、そんなに上がっているように見えないです。口径も13"なので両足の間に違和感なく収まります。ウッドフープがあるので見た目は14"のように感じると思います。

タム類は数が多いですが、腕を上げるのではなく、振り下ろすように叩ける位置にセットします。なので見下ろし平行に近い状態にしてます。よくハイタムのセッティングに悩む方もいるようですが、私はいつも無理なくセッティング出来てます。おそらく、これも元々セッティングが高いからだと思います。

長くなるので続きはまた明日に♪

#827 (2/7)~セッティング♪

(2013年2月7日(木) 1:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ