全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #819 (1...

#819 (1/30)~スティッキング~続き♪

おはようございます、北大阪・神戸方面ドラム講師の金澤です。
今日は小学生~高校生~大学生~社会人~と、色んな方のレッスンがありました。気が付けばもう1月も終わりですね。凄く寒い日が続いてますが、こんな時こそドラムで暖かくなりましょう♪

さて、前回のシングル・ストロークとダブル・ストロークを同時にコントロールするトレーニングで「パラディドル」を使った練習方法を紹介しましたが、今回もその続きです。難易度は上がりますが、根気強くチャレンジしてみましょう。

シングル・パラディドル、ダブル・パラディドル、トリプル・パラディドルと、それぞれ1回ずつ流れるように叩きます。今回も全て16分ノーアクセントで表現しましょう。

①まずは、それぞれの基本パラディドルを確認。

シングル・パラディドル(16分で2拍分)
RLRR LRLL

ダブル・パラディドル(16分で3拍分)
RLRLRR LRLRLL
(RLRL/RRLR/LRLL )

トリプル・パラディドル(16分で4拍分)
RLRLRLRR LRLRLRLL
(RLRL/RLRR /LRLR/LRLL)

②これらを全てつなげ、

RLRR LRLL RLRLRR LRLRLL RLRLRLRR LRLRLRLL となり、

③RLRRLRLLRLRLRRLRLRLLRLRLRLRRLRLRLRLL
(RLRR/LRLL/RLRL/RRLR/LRLL/RLRL/RLRR/LRLR/LRLL)

と、全て16分に置き換えノーアクセントで叩きます(全部で9拍分)。節目が難しいので、ゆっくりから練習していきましょう。何の事かさっぱり、という人は①の基本パターンをしっかり叩けるよう練習しましょう。

 

(2013年1月30日(水) 0:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ