サイタ音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #810 (1...

#810 (1/21)~「クローズ・リムショット」♪

おはようございます、北大阪・神戸方面ドラム講師の金澤です。
今日は三ノ宮、江坂、茨木でレッスン。移動途中、新たに体験レッスンの依頼がありました。年明けから凄いハードです…。

さて、よくバラード等で使われる「クローズ・リムショット」。先日のサポートライヴ以降、この奏法についてよく質問されます。意外にちゃんと出来ない人が多いです。強いアクセントの「オープン・リムショット」と違いキレイに音が出せないようですね。

「クローズ・リムショット」のポイントは、スティックと叩き方です。まずスティックは良質でピッチの高い物を選ぶ事(リムショットは、リムではなくスティックが鳴っているので)。ピッチが高い程芯の鳴りがあって良い音が出やすいです。なので良いスティックを選ぶようにしましょう。良いスティックといえば、私のオリジナル・スティックはバランスもピッチも良く超オススメですよ~(一応宣伝♪)。

次に叩き方ですが、グリップエンドを軸に項を描くようにリムに当てます(画像上①)。この時スティックをミュートしないよう響かせるイメージで叩くのがコツです。スティックが動いてしまうと音も変わるので、軸がぶれないよう左手はヘッドに着けて叩きます。
スティックによってサイズが違うので響く位置も異なります。最初の内はスティックに印を付けておくと良いです。

よくスティックを逆に持ってする人もいますが、音色的にはあまり関係ありません。ジャズドラマーが「トラディショナル・グリップ(日本だけレギュラーグリップと言う)」で叩いている左手をリムショットする場合に、ひっくり返して叩いていた奏法なので、「マッチド・グリップ」には影響はありません。
まずは毎回同じ音が出せるよう練習しましょう。

#810 (1/21)~「クローズ・リムショット」♪

(2013年1月21日(月) 0:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

新着記事

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 手作りカホン製作レポの続きです♪ 打面側のビスを変更して張り、凹凸のないように全体をヤスリで整えました。 次にデザインをどうするか、そのまま好きなカラーに塗って完成させても良かったのですか、何か個性的な事がしたくて悩んでました...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 昨日は三宮~十三~天満でレッスンでした。 レコーディング実習まで1ケ月を切り、各自日時も確定し、皆さん楽曲もフルコーラス演奏出来るようになってきました~(^_^)/ 毎年同じような事を言ってますが、夏休みや盆休みでレコーデ...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 何年ぶりか、スマホを機種変しました。と言っても最新機種は高いので、少し前のモデルにして自分でやりました(^_^;) AndroidはiPhoneと違いSDがあるのでデータ移動も容易です。SIM移動は少し緊張しましたが意外と直ぐに...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 昨日の大阪は38度…。とんでもない暑さでした(>_<) そんな暑い中、私が録音仕事でお世話になっている「小出シンバル」へ行ってきました。 私は普段19"ライドなど主に奇数サイズをよく使用していますが、純粋なポップス録音用のサイズが...

おはようございます、ドラムコーチ(講師)の金澤です♪ 先日、紹介しましたPearlのチャリティーステッカー。 手持ち分も全て完売しましたが、この度、7月豪雨災害の発生に伴い、被災地復興支援ステッカーの売上利益金を3等分の上、日本赤十字社の「東日本大震災義援金窓口」と「熊本地震災害義...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ