全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 ミュージックドラムスクール スクールブログ メトロノーム(...

メトロノーム(クリック)の使い方

皆さん、練習する時はメトロノーム使ってますか?

使ってない人は使い始めた方がいいです。

リズムキープというのはドラマーの大事な役目です。

普段の練習で全くメトロノームを使ってない人は、やっぱりテンポをキープする力が育ちにくいようです。

では、ただ使っていればそれでOKかというとこれがそうでもないんです。

普通、メトロノームを使うとなると4分音符のアタマで鳴らしますね。

しかし、これだけでは不十分なんです!

具体的に書くと、8分ウラや16分の4つ目にメトロノームを鳴らしたりします。
変わった鳴らし方だと1拍半に鳴らしてみたり、減らしてみたり。

さて何故こんなことをするのか、その理由が大事なワケですが、これにはリズムの面でのドラマー特有の役割、そして他のそれぞれの楽器の役割を理解する必要があります。
特にベースとの役割の違いを理解することはとても重要です!

文章ではとても伝えきれないので、詳しくはレッスンで!

とりあえず、メトロノームの使い方を色々工夫してみましょう!
リズムに強いドラマーは重宝されますよ!

 

(2013年1月18日(金) 12:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

指導歴約10年・サマーソニック出演も。上達の加速、体感できます

ブログ記事 ページ先頭へ