全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 FREEDOMドラムスクール スクールブログ 間違えのないこ...

間違えのないことを反復させる

こんにちは、講師の井上です。
僕の英語勉強ネタは更に続きます(笑)。
前々回からこの英語勉強ネタがアップされていますので、そちらも読み返しながら見てもらえると有り難いです。

僕の1曲の歌詞の覚え方の手順は、まず「鼻歌でメロディを歌えるようにする」・・それから「各パートずつ歌詞をチェックして覚える」・・そして「音源に合わせて各パートずつ歌ってみて、その歌える部分を増やしていく」・・・その後に「苦手な部分を改めてチェックする」・・更に「覚えた歌詞を歌わないで話すようにして口に出してみる」などもしてみます。

ここまででもかなりの長い道のりです(笑)。前にもお伝えした通り、この勉強法は僕自身が勝手に行っているもので正しいか間違えているかなんて分かりません。
しかし、この道のりもやはりドラムの練習と共通する部分が多いと感じました。

まずは間違えたことを覚えてしまわないようにすることが大事ですね。そして、覚えたことをゆっくりでも良いので確実に出来るようになるまで焦らずに繰り返す。
ある程度出来るようになったら途中まででも音源に合わせてみたり・・・けど、新しい部分を覚えると少し前に覚えたことを忘れてしまったりもします(笑)。
それでも諦めずに何度もトライして、最終的には音源に合わせて間違えることなく歌えるようになるまで繰り返し歌います。

結局は、間違えのないことを繰り返し反復させて身体に染み込ませるのが大事なんですよね。同じ間違えを何回も繰り返してしまうよりかは、ゆっくりでも良いので各部分を確実に出来るようにしていく方が遥かに効率が良いと思います。
それらを繰り返し練習して、1曲完璧に覚えられた時の達成感は・・・相当なモンです(笑)。

去年から集中的に「イーグルス」の曲を覚えております。ベスト・アルバムに収録されている17曲に取り掛かってますが、現在16曲覚えました。あと1曲!よし、頑張るぞ!
皆さんも練習頑張って下さい!



 

(2013年1月13日(日) 21:39)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

FREEDOMドラムスクール
井上勇人 (ドラム)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・中野・大久保・江古田・練馬・野方・初台・笹塚・明大前・下...

ブログ記事 ページ先頭へ