全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 ミュージックドラムスクール スクールブログ バスドラはしっ...

バスドラはしっかり!

皆さんこんにちは!
風邪など引いていないでしょうか?

さて今回にキックを踏む時に大事なことについて書きたいと思います。

まず、音量を気にしましょう。
始めたばかりのころは、ずばりデカく踏むべきです。

理由は主に2つです。

まず1つ目は、そもそもバスドラは大きくあるべきだからです。
正確な言い方をすると、低い音になるほど大きい音で鳴っていた方が、聴いていて気持ち良いことが多いのです。

よくシンバルの音量が大き過ぎる人がいます、シンバルのように高音域で鳴っている楽器がデカいと、単純にうるさく感じてしまうし、歌がある場合は、歌詞も聴こえずらくなってしまいます。

第2に、初級者から中級者くらいまでの方は、バスドラの音量が小さい人、しっかりバスドラを踏めていない人がほとんどだからです。
デカく踏むことを心掛けることで、自然とバスドラを踏むための筋肉と神経が育ってきます。

キックの2連打などは特に苦手にする人が多いので、普段から足を鍛えることを心掛けましょう!

 

(2012年12月14日(金) 8:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

指導歴約10年・サマーソニック出演も。上達の加速、体感できます

ブログ記事 ページ先頭へ