全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 渡辺ひろとしのドラム教室 スクールブログ ドンとタンの間...

ドンとタンの間で。

ドンはバスドラ、タンはスネアですが、そのドンとタンの間に何を叩くかという話です。

ハイハットを8で叩けば8ビート。4で叩けば四分打ちロック。16で叩けば16ビート。

つまりは、ドンとタンの間をどう叩くかでリズムが変化するわけです。

自由に叩くのもOK。
トリッキーな所にハイハットオープンを入れたり、頭だけ32分音符にしたり。

タンをアフタービートの3拍目から4拍目にずらしたり。スネアを連符にしてもいいし、バズロールにしてもいい。

とにかく自由。
ドンとタンの間に何を叩くのかはドラマーに任されている。
すると、コールドスウェットやセカンドライン等以外に新しいリズムが発見出来るかもしれない!

オリジナル曲や新しいアレンジ曲、ジャムセッションを演奏する場合に、ドンとタンの間を遊んでみてはいかが?

 

(2012年12月8日(土) 17:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラムの魅力を熱く楽しく伝える誠実レッスン。音楽の話も盛り上がる!

ブログ記事 ページ先頭へ