全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 渡辺ひろとしのドラム教室 スクールブログ 歌の伴奏!

歌の伴奏!

歌ものの曲の伴奏についてです。

何かのきっかけで「ちょっとドラム叩いてよ」と頼まれる事があると思います。
それが歌ものの伴奏、「歌伴」だったら。

まず歌う方にあわせる事が肝要です。

なので好きなバンドのコピーを演奏する時の様に、はっちゃけて叩きますとボーカルの方に嫌な(うるさい)想いをさせてしまいます。気をつけて叩きましょう。
ロックの曲でも同様、歌伴であれば音量に気をつけて!

ボーカルの方を見て「あっ!うるさそうにしている!」となれば控え目に。

つまりはボーカルの方に気持ち良く歌ってもらう!

それが大人なドラミング。歌伴でございます。
やだ、カッコいい!

(かの手数王も小田なにがしさんの歌伴で叩き過ぎて怒られたというエピソードがあるとかないとか!?)

 

(2012年12月1日(土) 19:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラムの魅力を熱く楽しく伝える誠実レッスン。音楽の話も盛り上がる!

ブログ記事 ページ先頭へ