サイタ音楽教室ドラム教室東京 バシリズム・ドラムスクール スクールブログ リズムの流れを...

リズムの流れを大事にしよう!

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。

いくら東京とはいえ冬はやはり寒い!
寒がり+冷え性な僕の手足は冷た~くなってしまい、自分の前世が変温動物だったんじゃないかとしばしば考えてしまいます…
そんな情報どうでもいいですよね(爆)

というわけで、ここからはちゃんとしたことを書きます。

今回のテーマは
「リズムの流れを大事にしよう!」
です。。。

バンドでレコーディングしたことがある方、ライブで録音した音源を聴き直したことがある方などは経験があるかもしれませんが、

【テンポはクリック通りのはずなのに、なんかリズムがガタガタに聴こえる……】

なんてこと、ありませんか!?
ちなみに僕は今までたくさんありました(汗)

なぜそのようなことが起こるのか。それは、

【縦のラインばかり気にして横のリズムの「流れ」が良くないから】

ということが原因として考えられます。
もちろんクリック(メトロノーム)を使用する際それに合わせたり、クリックを使わなくても、ビート感を出す時、他のパートの音に合わせる時など、縦の軸を意識することは基本的なことです。
しかし、それだけではリズムがよれたり引っかかったり、音楽的に心地よくない部分ができてしまうことがあります。

そこで【横の軸】を意識します。
簡単に言うと、リズムがよどみなく滑らかに流れている状態をキープするということです。
これが上手くできるようになると、音楽がスムースに進行し、心地よいリズムに聴こえてくるはずです。。。

極端に言えば、例えば激しいロックバンドのライブで、一曲の中でだんだんテンポが速くなってしまっても、それが曲の盛り上がりに対して自然であり、リズムの流れがスムースであれば、音楽的にはオッケーだったりします。

僕が好きなGREEN DAYというバンドもライブではかなりテンポを揺らして(だいたい突っ込み気味な感じになります)いますが、とても心地良いです。たまにそうじゃない時もありますが^^;

結論!

クリックを使ったりアンサンブルするときは、合わせるだけではなく、自分が出しているリズムの横の流れも意識しましょう!
ドラマーとしてさらにステップアップできるかもしれません。

僕のスクールでは、全く初めての方、さらにレベルアップしたい方、誰にでも分かりやすいレッスンをモットーとしております。
体験レッスンもどしどしお待ちしてます!

ではではまたお会いしましょう☆

リズムの流れを大事にしよう!

(2012年11月29日(木) 18:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

お兄さん的存在!ハートフルなアドバイスと「いい音色」を目指す

新着記事

今回のコラム!お題は 「ポジティブ練習法」 以前テレビでゴルフのレッスンプロの方が行っていたのを参考に、自分のレッスンにもアレンジして取り入れています。 生徒さんにも普段の練習としてオススメしていますのでザックリとご紹介します! ●「できない」を繰り返すとスラン...

おかげさまでバシリズム・ドラムスクールが、コーチアワード2017ドラム部門にて受賞しました! 「コーチアワード2017」とは… 「サイタ」にて、2016年4月〜2017年3月の期間中に、レッスン実施数や継続率、入会率等を指標とする「受講生満足度」が特に高いコーチを20名選出し、表彰。 ...

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。 新年度、新しいことをはじめるにはぴったりな季節となりました。 私は最近、譜面を書くという作業を「紙とペン」から「コンピューター」へ移行するため、日夜試行錯誤をしております! さてさて今回のお題は 「ドラム上達には欠かせない(ち...

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。 音楽は普段ロックばかり聴いていた私ですが、最近の仕事の影響もありジャズ、特にビッグバンドに魅力を感じてます。 これを機にジャズに対する苦手意識を克服したいものです(^^;; さて、今回のお題は 「タイム感向上計画〜リズムの...

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。 今回は最近マイブームのトレーニングをご紹介します。 それは… 運転中の左足トレーニングです!(AT限定) オートマじゃないとできませんが、まず左足をヒールダウンで一定の間隔で踏みます。 これだけでも3~4分やっている...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ