全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 サニードラムスクール スクールブログ 耳コピのやりか...

耳コピのやりかた その3

好評をいただいている(はずの)耳コピシリーズ第3弾です。

3回目はフィルインの場合。

これはいろんな状況が考えられるので、
一概にこういう順番でやれとは言えないのですが、
一応自分の場合を書きます。

1.とりあえず歌ってみる
もちろん歌詞じゃなくて(笑)、そのフィルインの「リズム」です。

タントンタカトンとかタカタカドコドコって感じに歌ってみます。
そうすると大体のイメージがつかめると思います。

2.わかるところから書く

特に最初と最後はわかるんだけど、途中がわからん!
って場合にお勧めの方法です。

これで一種の「骨組み」みたいなものを作っておけば中身に集中できます。

3.タム回し

自分は正直適当に書くときもあるんですが(苦笑)、「
これをちゃんと書くときにまず知っておかなければならないのが、

そのドラマーのセッティングです。

ドラマーにもいろんな人がいます。
3点セットだったり、多点キットだったり、そもそもタムがセットされてないとか。

なもんでそのドラマーのセッティングを知らないと、
タム回しを書くときにおかしなことになります。

というわけでセッティングくらいはちゃんと把握しておきましょう。

4.そのドラマーの癖を知る

同じドラマーをどんどん研究してみると、
そのドラマーの癖がわかってくると思います。

つまりはそのドラマーの常套句です。

これがわかってると「あぁこれはあの時のフィルと同じだな」って
思うので、パッと書けちゃいます。

というわけで、今回はフィルインを耳コピする場合のお話でした!

 

(2012年11月21日(水) 7:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽学校卒業後、サポートのほか自身のバンドで大御所バンドのライブ出演も

サニードラムスクール
山本哲也 (ドラム)

吉祥寺・西荻窪・千歳烏山・下北沢

ブログ記事 ページ先頭へ