全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 サニードラムスクール スクールブログ 日ごろの練習に...

日ごろの練習について、その1

ドラムに限らず楽器奏者なら絶対に考えなきゃいけないのが、

デイリートレーニング

僕はそのデイリートレーニングを2つのレベルで分けて考えています。

一つは本当に基礎的で毎日やるもの、
もう一つは一定のスパンで変えるものです。

基礎的なものは筋肉トレーニングと違って、2、3日置きにやらなきゃいけないわけでもなく
別に超回復が起こるわけでもない(笑)ので、
本当に毎日できるようものにとどめるといいと思います。
例えば、

一つ打ちや二つ打ちのチェンジアップ
両手両足を一緒に叩いたり手と足交互に叩く
などで結構だと思います。
ピアノでいうところのハノンみたいなものですかね?
ピアニストの方違ってたらごめんなさい。

もう一つの一定のスパンで変えるものは、今の自分に足りないものを考えた上でやっていくものです。
まぁ簡単に言うと弱点やら課題みたいなものですよね。

僕の場合だと弱点がいくつもあって(苦笑)

一つは左手がまだまだ弱いので、
インパーテッドロール(LRRL,LRRL)と左手のアップダウン。
あとツーバスのときにの一つ打ちがバランスが悪いので、
左足から始めたり左足単体でチェンジアップ。

と、自分で気づいたこととか他のドラマーやらバンドメンバーにアドバイスされたことを
中心に組み立てるといいと思います。
自分で気づくには自分の演奏を録音したものを聴くとかで十分わかると思います。
その上で、内容は基礎的なものに毛の生えたようなレベルのものにしたほうがよいです。

と、ここまで前者と後者を2,3個くらい組み立てて大体1時間くらいかけると最高です。
多いようなら一緒に出来るものなら一緒にしてもいいです。

さっきの内容で言うと、二つ打ちのチェンジアップの二つ打ちをインパーテッドロールに変えれば
二つの内容を一つにまとめることが出来ます。

そして最後に作ったメニューをTodoとかに入れてしまうともっといいですね。

最近ではスマートフォンのアプリでもいろんなTodoのアプリがあるので、
無料のものでも良質なのは結構あります。
iPhoneだとリマインダーでもいいです。

僕の場合はNozbeというアプリに入れてます。
決められた時間にアラームがなるような設定にすればいやでもやりたくなります(笑)。

もちろん人それぞれ都合があるでしょうから、時間管理は臨機応変にやるといいと思います。

さて、このデイリーが終わってから自分がやらなきゃいけないフレーズやらなんやらがあるんですが、
ここで気づいた人がいたらありがたいのですが、

このデイリートレーニングにはドラムセット全体を使ったパターン練習は入れてはいません。

これは僕の経験上(というか意思が弱いせいもあるかも)から思ったことなんですが、
パターン練習を入れると続かなくなります。

その理由については次回書きます。

今はパターン練習を除いた、手だけのデイリー・足だけのデイリーと考えてみてくださいね

 

(2012年10月21日(日) 20:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽学校卒業後、サポートのほか自身のバンドで大御所バンドのライブ出演も

サニードラムスクール
山本哲也 (ドラム)

吉祥寺・西荻窪・千歳烏山・下北沢

ブログ記事 ページ先頭へ