サイタ音楽教室ドラム教室東京 高橋 城司ドラムスクール スクールブログ 海外ライブでの...

海外ライブでの注意事項 出国前篇

ここまで3回に分けて韓国でのライブ記事をUPしてきたので、次いでに海外ライブで注意しておきたい事をいくつか紹介しておこう。


①電圧の違い

これはライブに限ったことではないが、楽器を壊したくなければ必ずしらべておこう。

電圧が違うからといってすぐに変圧器を買うのでは無く、自分の使用する物がその国の電圧に対応しているかどうか確認しよう。

②コンセントの差込口

日本では1種類だが、国によっては4種類以上の形が使われている所もある。
事前に問い合せてもあてにならないし、アダプターは高いものでは無いので、数種類持っていったほうが良い。

③荷物の重量や楽器の申請

行く国や航空会社によって荷物の重量制限がある。
機材を持っていくとなると、重量オーバーになる可能性が大きいので注意が必要。

大体の場合1グループでの合計重量がオーバーしていなければ大丈夫なので、スタッフも同行するのならば振り分けておくと良い。

補足だが、楽器を海外に持ち出す場合申請が必要だ。
荷物を預けるカウンターで、いくら位でどんな物か等を専用用紙に記入し『壊れても航空会社は感知しません』的な文章に同意をする。


他にも色々あるが、思いついたことは全てやっておこう。
何事も100%の実力を発揮する為にはどんな準備も怠らない心掛けが必須だ!

次回 現地篇をUP予定です

海外ライブでの注意事項 出国前篇

(2012年10月9日(火) 11:54)

前の記事

次の記事

新着記事

本日5/3 21:00~ 生徒が所属するバンド『cachet』がインスタグラムでライブを配信します! 勿論無料で観ることが出来るので是非ご覧ください。 以下詳細↓ 【live】5/3(thu) 21:00~ 恒例のInstagramによるライブ配信。 ゴールデンな1...

レッスンや練習で音楽スタジオを借りる。 受付で会員カードを出し、時間になったら予約をした部屋に入る。 扉を開け、ドラムセットを見て・・・ ・汚い ・ひどい ・下手くそ ・綺麗 ・意味不明 ・トリッキー ・勿体無い といったような事を必...

ドラマーだけでなくDJやその他のパフォーマー、アーティストも大注目のサウンドパッド。 <Font Size="5" Color="#ff0000">『SPD::ONE』</Font> メーカーは電子ドラムやキーボード等、様々な電子楽器を世に出してい『Roland』 種類は ...

4月は新学期、新学年、入学、就職・・・ 色々環境が変わる時期。 中には中学生、高校生、大学生になって『バンドをやるぜっ!』という意気込みの人もいるだろう。 でもこの時期よくある話 <Font Size="7" Color="#ff0000">『バンド組んだんです!』</Fo...

昨年12月、長野県佐久市中込商店街にて行われた 「ハイぶりっ子ちゃんクリスマス」 というイベントに出張バンド塾として参加してきた。 <span style="color: red;"><b>ハイぶりっ子ちゃん!?</b></span><br /> と思った人も多いだろう・・・。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ