全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 高橋 城司ドラムスクール スクールブログ 海外ライブでの...

海外ライブでの注意事項 出国前篇

ここまで3回に分けて韓国でのライブ記事をUPしてきたので、次いでに海外ライブで注意しておきたい事をいくつか紹介しておこう。


①電圧の違い

これはライブに限ったことではないが、楽器を壊したくなければ必ずしらべておこう。

電圧が違うからといってすぐに変圧器を買うのでは無く、自分の使用する物がその国の電圧に対応しているかどうか確認しよう。

②コンセントの差込口

日本では1種類だが、国によっては4種類以上の形が使われている所もある。
事前に問い合せてもあてにならないし、アダプターは高いものでは無いので、数種類持っていったほうが良い。

③荷物の重量や楽器の申請

行く国や航空会社によって荷物の重量制限がある。
機材を持っていくとなると、重量オーバーになる可能性が大きいので注意が必要。

大体の場合1グループでの合計重量がオーバーしていなければ大丈夫なので、スタッフも同行するのならば振り分けておくと良い。

補足だが、楽器を海外に持ち出す場合申請が必要だ。
荷物を預けるカウンターで、いくら位でどんな物か等を専用用紙に記入し『壊れても航空会社は感知しません』的な文章に同意をする。


他にも色々あるが、思いついたことは全てやっておこう。
何事も100%の実力を発揮する為にはどんな準備も怠らない心掛けが必須だ!

次回 現地篇をUP予定です

海外ライブでの注意事項 出国前篇

(2012年10月9日(火) 11:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

名門楽器ショップも太鼓判!信頼に裏打ちされたノウハウを独り占め

高橋 城司ドラムスクール
高橋城司 (ドラム)

高田馬場・池袋・大塚・巣鴨・田端・日暮里・上野・御徒町・秋葉原・御茶ノ水・大久保・水...

ブログ記事 ページ先頭へ