全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 渡辺ひろとしのドラム教室 スクールブログ どうする?自宅...

どうする?自宅練習。

今回は自宅での練習、環境についてです。

要は近所迷惑にならないように静かにするのがベストな訳ですが、
中々そうは行かないのが実際のところでしょう。

しかしがっつり練習したいのでまず、

スタンド付き練習パッドを最低3つは欲しい!
3つあればハイハット、スネア、タム1と実際のドラムセットに近い環境にできます。

打面がメッシュ素材の練習用セットが有りますが、リバウンドが大きい様なので個人的にはゴム等の消音パッドの方が練習向きだと思います。

ハイハットをスタンドで持ってる人はシンバルにペタンと乗せるタイプの消音パッドがあります。それを使えば限りなくセットに近くなります。

でも、消音パッドと言えど叩けば結局はパカパカと音がしますから、タオルを巻いたりして工夫してください。


問題は足周り。

フットペダルを持っている場合。
フットペダル用の消音パッドが有りますが、これが一番消音が難しい様です。

構造的に床や壁に振動を伝えるのでアパート等では注意が必要です。ご近所に音漏れや振動を与えてしまいます。

フットペダルの下にマットを敷き、消音パッドのビーターの当たる面にタオル等で緩衝材を作って極力振動の発生を抑えましょう。

床面の下が空洞になっている様な場所は要注意です。その上は避けましょう。

以上をクリア出来れば『いつでも練習出来る場所』を手に入れられます。
スタジオにちょっと入って生のドラムの感覚を覚えつつお家でがっつり練習というパターンが。

ずっと設置しておけば、気軽に座れますから、何気に練習量も増えます!

悪くないと思います。

 

(2012年9月27日(木) 15:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラムの魅力を熱く楽しく伝える誠実レッスン。音楽の話も盛り上がる!

ブログ記事 ページ先頭へ