全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 Leo Drum School スクールブログ レコーディング...

レコーディングしてきました

こんにちは。日原です。

9月に入って同人サークルのアルバムに3曲ほどレコーディングに参加させていただきました。
曲はゲーム主題歌のスピードメタルアレンジです。だいたいテンポは170前後でした。

レコーディングは当然クリックを鳴らしながら録ります。
カッカッカッカッと鳴り続ける音とずれないようオンタイムで叩くわけです。
そうすることでリズムが乱れることがありません(人間なので多少の揺れはでますけどね)。

皆さんはふだんクリックを用いて練習していますか??
もしもクリックを持っていないという方がいれば、これはすぐに用意しましょう。

クリックに合わせて叩くというのは非常に大切なことです。
リズムが乱れないきちんとした芯を作るようなものですからね。

だけど、これが実はとっても難しい。。。

いまでこそクリックに合わせて叩けるようになりましたが、最初は全然できませんでした。
叩いているうちに裏と表がひっくり返っちゃったり、拍を見失ったり……。

しまいには「このクリック遅くねぇ?」と逆ギレしてみたりwww

だけどしつこくしつこく繰り返して練習していくうちに、いつの間にかできるようになっていました。それでもテンポによってはいまでも得手不得手があります(泣)

実際、ドラマーに限らず、クリックに合わせて演奏するのが苦手だというミュージシャンは意外と多いものです。だからこそ、早い段階で身に着けておくべき感覚でもあるのです。

ミュージシャンである以上、自分の演奏を録音する機会というのは必ず訪れます。
きたるべきその時のために、初心者の方は必ずクリックを用意して練習に励んでくださいね。

中級者以上の方は一歩進んだクリックの使い方をしてタイム感を鍛えて下さい。
どうやるんだって?

それはまた別の機会にお話しします。

それでは。

 

(2012年9月23日(日) 19:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

海外リリース、アジアツアーをはじめワールドワイドに活躍!

Leo Drum School
日原臣 (ドラム)

渋谷・代々木・新宿・秋葉原・四ツ谷・御茶ノ水・六本木・神保町・麻布十番

ブログ記事 ページ先頭へ