全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 渡辺ひろとしのドラム教室 スクールブログ 単純明快なジャ...

単純明快なジャズの聴き方。

前回の聴き方、まどろっこしい!という人向け、ジャズの聴き方です。

ただ単純に、
『ヒット曲を聴く!』というやり方です。

超シンプル。イッツ・イージー。

『アーティスト名』の『アルバム名/曲名』で行きます。

まずは
『アート・ブレイキー・ジャズ・メッセンジャーズ』の『バードランドの夜/チュニジアの夜』…ハードバップの金字塔。

『アート・ブレイキー・ジャズ・メッセンジャーズ』の『モーニン/モーニン』…日本では蕎麦屋の出前も口ずさんだというヒット曲。

『キャノンボール・アダレイ』の『サムシン・エルス/枯れ葉』…マイルス・デイビスの恩返しナンバー。
『リー・モーガン』の『ライブ・アット・ザ・ライトハウス/ザ・サイドワインダー』…ジャズ・ロックと言えばコレ!

『グラント・グリーン』の『アライブ!/スーキー・スーキー』…あ!何か聴いた事ある(1)

『デイブ・ブルーベック・カルテット』の『テイク・ファイブ/テイク・ファイブ』…あ!何か聴いた事ある(2)

『ハービー・ハンコック』の『エンピリアン・アイルズ/カンタロープ・アイランド』…US3のカンタループの元ネタです。

オマケ
『マックス・ローチ』の『限り無きドラム/ノンモ』…ジャズ・ロック路線定番曲?!

といった所です。浅めに行きました。(ジャズの名盤とはヒット曲が入ったアルバムを指す様で、ロックの名盤のみたいに捨て曲ナシ!とはいかない様です)

ここから何かが広がれば幸いです。

 

(2012年9月22日(土) 20:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラムの魅力を熱く楽しく伝える誠実レッスン。音楽の話も盛り上がる!

ブログ記事 ページ先頭へ