全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 渡辺ひろとしのドラム教室 スクールブログ 私的ジャズの聴...

私的ジャズの聴き方。

ジャズを初めて聴こうとするとき、誰をどこから聴けば良いか全くわからないでしょう。

クラシックならベートーベン、ショパン、バッハと、取り敢えず巨匠を聴けば間違いないと考えるので有名所狙いがひとつの手。

そしてドラマーなのだからドラムの巨匠がリーダーをしている、又は有名ドラマーが参加しているアルバムを聴いてみる、という点から攻めてみるのがもうひとつの手。

現代のジャズは細分化して多岐に渡る為、そこは外してコテコテな所から行くと、

『アート・ブレイキー・ジャズ・メッセンジャーズ/バードランドの夜』

が良いかと。

ハードバップ前夜とも、アート・ブレイキーのモダン・ドラミングの夜明けとも言われているこのアルバム。

ひいては若手実力派養成所でもあるジャズ・メッセンジャーズ。そこからつなげて各々のメンバーが独り立ちしたリーダー作を聴くのも良い手です。

ピアノのホレス・シルバーはファンキー路線。
トランペットのリー・モーガンはジャズ・ロックと、巨匠の脇を固めるのは実力派ばかりなのがジャズの醍醐味でもあります。

そうこう聴いていく内にドラム以外の好きなパートが出てきます。
サックス、トランペットやトロンボーンもいる大所帯バンドが良いな!とか。

いやもうしっとりとピアノ、ベース、ドラムのピアノトリオが良いな!とか。

ジャズのアルバムには大概、参加プレイヤーの担当楽器が記載されていますから、そこは必ず参考にして下さい!
(編成メンバーでサウンドが分かる様になれば立派なジャズ聴きです)

で又、各々の楽器での有名所を聴けば広がるしょう。

ジャズという響きに憧れて聴いてみたけれど、返り討ちにあった~という経験、おありになるかも知れない。

なので、日頃親しんでいる『ドラム』というパートから攻めてみるのはいかがでしょうか?

 

(2012年9月16日(日) 17:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラムの魅力を熱く楽しく伝える誠実レッスン。音楽の話も盛り上がる!

ブログ記事 ページ先頭へ