全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 渡辺ひろとしのドラム教室 スクールブログ ダチーチーとコ...

ダチーチーとコールドスウェット。

今回は『ダチーチーとコールドスウェット』の話。
これらは『ジャズ・ファンク』に関係する、フィル・インとリズム。

ジャズが聴いてみたいけれど、始めてで何だかよく分からない。
でもちょっと待って?!
この曲、ジャズっぽいソロもあるしリズムが16でグルグルグルーヴする。
ジャズより耳に入りやすくてカッコイイ!
と言う風に出会うのが
『ジャズ・ファンク』!

それでどんどん探して聴く内に気付く事が。

オルガンとギターとドラムの編成がこだわりである事。(ベース・ラインはオルガン奏者が左手や足でプレイします)

ドラマーは『ダチーチー・フレーズ』を入れまくる事。

そしてどのバンドも曲の一つに『コールドスウェット』と呼ばれるリズムを使う事などです。

『ダチーチー』は私、一人がそう呼んでいるだけかもしれませんが、
16分音符の裏拍にハイハット・オープンを入れる例のヤツです。

『ハーフタイム・シャッフル』で有名な『バーナード・パーディ』が鬼の様に入れまくる事で、これもまた有名!
パーディが聴きたい人は大体ダチーチーが聴きたい人です(笑)

ビクター・エンターテイメントから出ているCD、
『ジョニー・ハモンド・スミス、レジェンズ・オブ・アシッド・ジャズ』
で聴く事が出来ます。

なのでアシッド・ジャズと呼ばれるジャンル、ひいては元になる英国『アシッドジャズレーベル』のアーティストや、DJさん達の間の『レア・グルーヴ物』などで聴けると思います。

『コールドスウェット』は元々、
ジェームス・ブラウン(JB!)の曲、その名も『コールドスウェット』から発見されたリズム。
発見されたというのは先のレア・グルーヴ物をディグっていたDJさん達が発掘してサンプリングした音源で、
「これ、カッコイイじゃない!」と再発見された経緯があるからです。

それを聴いたニューヨーク組のミュージシャンがどんどん多用し広まり、一つのジャズ・ファンク御用達リズム、
通称『コールド・スウェット』へと確立して行きます。

2小節で一つのリズムになりますか。
7、8拍目の「ウンカン」って間が特徴です!
バスドラは「ドンドド・ウドンド」を極めまくり。
で、回ってくる2回目2小節の最後の所で『ダチーチー』を入れまくり!

これを聴いた瞬間、完全にノックアウト。
もう、直ぐ、バカみたいに練習してしまいましたね。

頑張って文字で歌うと、

「ドンチン・ドンカド・チカドン・ウンカン/チンドン・カンチカ・ダチーチーチー」
(ド・ダはバス、チはハイハット、カはスネア)


活躍している若いドラマーの方などはもっと発展させてメカニカルなリズムでプレイしていますね。

ジャズ・ファンカーになりたい人はこの二つ、足掛かりに練習してみてください!

 

(2012年9月4日(火) 16:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラムの魅力を熱く楽しく伝える誠実レッスン。音楽の話も盛り上がる!

ブログ記事 ページ先頭へ