全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #670 (9...

#670 (9/2)~マレット類♪


おはようございます、ドラム講師の金澤です♪
今日は明石の音楽教室からスタート。昼過ぎまでレッスン。明石が終わると三ノ宮、吹田へと移動~。吹田会場へ行く途中、少し時間があったので新大阪駅にオープンした「TULLY'S COFFEE」で休憩。いつものロイヤル・ミルクティー(画像上)を頼み、次の仕事の譜面を書いたり資料整理をしてました。

又、先日レコーディングした曲の仮ミックス音源が届いていたので確認、ドラムの音は申し分なく良い音♪録音の場合、最初のチューニングが全てです。実験中のシンバルも予想以上にいい感じにまとまってました。あと少し微調整したら出来上がります。

最近、スティック以外にレコーディングでよく使うマレット類をレッスンで紹介してます。ドラムの音はスティックだけで表現するのではなく、色んな音色が出せるように様々な物を使います。せっかくなので順に紹介しますね。

●ブラシ(画像下:左)
ジャズ等でよく使われるブラシ。ワイヤータイプやナイロンタイプ等、素材も様々あります。コーティングされたヘッドで表現します。

●ロッズ(画像下:中央)
スティックとブラシの中間的スティック。適度な音質効果が表現できます。これもメイプルタイプやバンブー(竹)タイプ等色んな種類があります。ちなみに画像のは私が長年使っているカーボンタイプ。折れないので長く使えてます。

●マレット(画像下:右)
シンバルロールやタムのパーカッション的奏法に欠かせないマレット。マレットの種類は本当に数多くあります。クラシック楽器の木琴や鉄琴、ティンパニー、マーチング楽器まで幅広くあります。画像のはティンパニー用のマレットで、グリップ部分は竹製、マレット部分はコルクで出来ています。

#670 (9/2)~マレット類♪

(2012年9月2日(日) 0:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ