全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 渡辺ひろとしのドラム教室 スクールブログ テッド・リード...

テッド・リードのシンコペーション!

夏休み後半、いかがおすごしですか?
来る学園祭ライブ等に向けて腕の筋肉、パンパンに鍛え上げている事と存じます。

さて今回は、二冊のドラム関係の本のご紹介。

一つ目は、
市川宇一郎さん著
『ドラム上達法ここがポイント』

この本の特徴は、ドラミングに関する事柄をかなりの広範囲に扱いながらも、簡便に難しくならずに解説されている点にあると思います!

繰り返し記号の覚え方や、小節感覚の養い方。
パルスやサブディビジョンの解説。
2ウェイ、4ウェイ・インディペンデンスなどなどなど多数!正にかゆい所まで手が届く!
今のレベルに応じて読み解ける一冊となっています。
巻末には目的に合わせたオススメ資料集の紹介付きが嬉しいです。

そして2冊目は
テッド・リードさん著
『シンコペーション』

こちらは昔からある教則本のスタンダード中のスタンダード。(かのデイブ・ウェックルさんも使っていたとか)

先に紹介した市川さんもオススメ資料集に挙げていて、特徴としては市川さんもおっしゃっている様に、自分の使い方で様々に応用できるスグレ本となっています!

又、市川さんの解説では、「この『シンコペーション』は始めのページから段階的に練習できる様に書かれている為、最後まで行くと知らず知らずの内に読譜力が付く」との事。目指せ!初見プレイ!

という事でドラム本の紹介でした~。

 

(2012年8月14日(火) 16:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラムの魅力を熱く楽しく伝える誠実レッスン。音楽の話も盛り上がる!

ブログ記事 ページ先頭へ