全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #623 (7...

#623 (7/17)~最初のスネア♪


おはようございます、北大阪・神戸方面、ドラム講師の金澤です♪

今日は群馬で全国最高の37.6度まで上がったそうです…。凄すぎ…。猛暑、明日も続くようです。
そんな猛暑の中、午前中は三ノ宮、午後から新大阪でレッスンでした。昨日までと違い今日は大人の方が多く、レッスン内容も質問も幅広く様々です。

ある質問で、スネアを購入したい生徒さんがどんな物を選んだら良いのか悩んでおられました。スティック同様、数が多すぎて分からないようです。本当にそうですよね。安易に見た目で選ぶ人もいますが、せっかく買うなら色々勉強してから選びましょう。サイズ(口径や深さ)、素材(木や金属)、サウンド(鳴り)、カラー(ラッカーやカバリング)等を比べてみると自分好みの物が見付かります。一番良いのは実際に楽器店で色々と叩いてみることですね♪

私もスネアは沢山持っていますが、最初は純粋に木のシェルから始めました。それが画像にあるSONOR/HLD-580。シェルはアフリカのブビンガ。サイズは14×8インチ。当時はこのくらい深胴が流行ってました。値段も凄く高かったのですが、見た目の美しさとサウンドが欲しくて購入しました。想い出のある1台です。今も倉庫に眠ってますが部品がなく修理が大変なので絶対に外に出さないようにしてます。
他にも金属シェル、ファイバーシェル、深さも色んなタイプを揃え、最終的には自分だけのカスタマイズ・スネアも作りました。今思うと、飽きないカラーを選ぶ事と様々なジャンルに対応出来るよう揃えていくのが面白いです。

#623 (7/17)~最初のスネア♪

(2012年7月17日(火) 1:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・尼崎(JR)・芦屋・三ノ宮・兵庫・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ