全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 サニードラムスクール スクールブログ Delete ...

Delete & Update

大学時代から使ってた機材に別れを告げてきました。

結構迷ったんですが、全然使ってないのと音が今のスタイルに合ってないなぁ
と思って別れました。

こうやって過去のものに別れを告げて、未来に出会うもの対してアンテナを張っておくと
ちょっとワクワクしてきます。

ただ今現在の機材。特にスネアに関してはかなりいい出会いだったと思います。

スネアっていうのは簡単に言うと小太鼓のことで、ドラマーとしては自分の一部とも言えると思います。
自分の一部って言ったのは、色んなスネアを持ってる人もいるという意味で一部ということです。

マニアックな話で恐縮ですが、僕は「NOBLE & COOLEY」ってブランドのスネアを使ってます。
メイプルの単板スネアで、音は抜群にいいです。
それでいて耳障りなノイズがほとんどない。

現在の自分にとっては、本当にいいスネアです。



ただ変な話なんですが、これも自分が「Update」を繰り返すことによって、
別れなきゃいけない可能性もあるわけです。
ここでいう「Update」っていうのは簡単に言うと自分自身の純粋な進化だったり進歩です。

人間的だったり音楽的な「Update」により、感覚が研ぎ澄まされてその音をドラマーとしての
一生モノの武器に仕立て上げる場合もあれば、
その音が「Update」された自分と合わず別れなければいけないという場合もあるのです。

ただ、ここで大変なのは間違った「Update」によって、一生モノの武器となるはずだった
モノと別れてしまったときです。

音楽に正解はほとんどないので、いつの日かどこかで後悔したらそれは間違いだったってことです。
別れてから後悔が一切なく、未来に出会う素晴らしいモノに出会えたらそれは完璧な「Update」によるものです。

ですから、ミュージシャンに限らず常にちゃんとした「Update」したい人は僕の経験上、

・自分自身について常に考える
・大局的にものごとを見る
・自己投資としていろんなものを吸収する
・その日にやらなきゃいけないことは必ずやる

これをやっておけば、まず間違いはないと思います。
そして

・やらなくてもいいこと
・その日にやらなきゃいけないことを阻害する何か
・非効率なもの

を常に「Delete」してください

そしていつしか自分自身がある一定のところまで「Delete & Update」できたなら、

自分を取り巻いている環境そのものが「Update」されていることに気が付きます。

是非、やってみてください。
僕も実践中です。

僕の予想だと、多分1年半後くらいには結果が出ていますよ。

 

(2012年7月12日(木) 23:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽学校卒業後、サポートのほか自身のバンドで大御所バンドのライブ出演も

サニードラムスクール
山本哲也 (ドラム)

吉祥寺・西荻窪・千歳烏山・下北沢

ブログ記事 ページ先頭へ