全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 ケン・ドラムスクール スクールブログ What�...

What's up!?

元気にしてる!?

よく挨拶なんかで声をかけますね。
元気だったり、疲れていたりいろいろ状況はその都度変わりますが、
元気だよ!とか、まぁまぁだよ。など受け答えは様々。

音楽を通じ元気になれたり、元気だから音楽に取り組めたりしますが、
肝心なのは健全でいられるということなのではないかと思います。

元気でなければ、仕事もつらいだろうし、仕事が大変すぎて
元気がなくなれば、日常の作業がつらくなる。
つまりは悪循環ですね。

定期的にリフレッシュできると良いのですが、ペースが崩れている
時などは、はまってしまっていることになかなか気がつかず、
疲労をため込んでしまいがちですよね。

リズムをストイックに演奏するドラムは乱れることを
嫌うパートだったりします。
同時に音楽という事象は音の大小、長短、高低が自在に
変幻し、自由度が高く様々な心のひだを許容してくれる
いわば、大地のような存在だと思います。

あまり、細かいことにとらわれず、一つ一つこなしてみよう。

そんなことを思った週末でした。




そして、前回のコラム、「内なる物」の対義は「スイング」です。
内=呼吸
外=スイング(振りかぶり)

吸い込んだ息を勢いよく吐くと同時に
風切り音がするくらい勢いよくスティックを振り下ろす。
それが呼吸とシンクロすることが大事だと思っております。

試しにぶんぶん振ってみてください。
振りすぎると、腕が痛くなるので、やりすぎ注意です!!

それではまた!!!

 

(2012年6月25日(月) 1:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

難しく考えず“あなたの"理想の音を。ロックから吹奏楽バンドまで

ブログ記事 ページ先頭へ