全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 ドラム教室「Drums 好」 スクールブログ ドラムを始めた...

ドラムを始めたきっかけその4「そういうあれかー!」

そんなわけで、ドラムを始めたきっかけ、でございます!

その4になりましたね。



そう。前回は、なぜパーカッションをやっていて、
ドラムはサークルのバンドイベントでしかやっていなかった僕が、ドラムをやることになったか。

それは、「専門学校」というものが大きく関わっていまして。



みなさん、「パーカッション」「専門学校」で、ググってみてください。

ね?


でしょ?


そういうあれなんですよ。



つまり、専門学校で、「ラテンパーカッション」のみのコースを設けてる学校がないんです!!!!

当時、パーカッションといえばラテンパーカッションだと思っていた神田君にとって、
これは大きな誤算だったのです。
まさか、クラシックの打楽器も全てパーカッションだとは。


そこで、色々と考えました。
各地で教えてらっしゃるパーカッショニストの方に弟子入りをすることや、
ドラムに切り替えることで、どういうことがメリットとしてあるのかを色んな人に聞いたり。


で、こういう結論に至ったのです。

「リズムのことをやるのなら、ドラムはやっておいた方がいい。」

とある、パーカッショニストの先生に言われたことですが。



そんなこんなで、ドラム専攻で専門学校を探すことにした神田君。

ここで、ドラムに大きく傾倒していくことになろうとは、
その時は知る由もなかったのです。


次回!!ドラムを始めたきっかけそのFinal!「うひゃひゃ!!できねー!!(笑)」

乞う!!!ご期待!!!!

 

(2012年6月17日(日) 2:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

専門学校では全国学生最優秀賞を受賞。パーカッションのサポートでも活躍

ブログ記事 ページ先頭へ