全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 高橋 城司ドラムスクール スクールブログ レコーディング...

レコーディングマニュアル  準備の巻①レコーディング場所を決める

先週、都内某所でレコーディングをしたので、まだレコーディング経験の無い人たちの参考になるよう、このブログでも何回かに分けて準備や順番、対策や心得等を記しておこう。

準備というと『備えよ常に』という観点から練習時も準備に入るのだが、それは後日『対策』で記す事にする。

①レコーディング場所を決める

チェーン展開している練習スタジオでも、かなりの確立でレコーディングが可能だが、出来ればレコーディング専門スタジオを利用したほうが良い。

レコーディングでは煮詰まる事もあれば、他のパートを録っている時の待ち時間もあるし、機材を置いておく場所も必要だ。

要するに、ある程度バンド単位のプライベート空間が必要なのだ。

都内のレコーディング専門スタジオの多くは、一度に1バンドのみの受付なので、建物そのものがバンドのプライベートスペースとして使える。

ちょっとした休憩スペースや機材スペースが確保出来る所が良いだろう。

食事に行く時も機材はエンジニアが見ていてくれたり、建物自体に鍵をかけて貰えば心配いらない。


まだまだ書きたいことはあるのだが・・・ちょっとしたことがレコーディングしやすい環境となる。
良い環境では良いアイデアが産まれる。
メンバー間で充分話し合って決めていこう。


次回予告

②エンジニアと話し合う

またお会いしましょう。

レコーディングマニュアル  準備の巻①レコーディング場所を決めるレコーディングマニュアル  準備の巻①レコーディング場所を決めるレコーディングマニュアル  準備の巻①レコーディング場所を決める

(2012年6月16日(土) 10:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

名門楽器ショップも太鼓判!信頼に裏打ちされたノウハウを独り占め

高橋 城司ドラムスクール
高橋城司 (ドラム)

高田馬場・池袋・大塚・巣鴨・田端・日暮里・上野・御徒町・秋葉原・御茶ノ水・大久保・水...

ブログ記事 ページ先頭へ