全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 ドラム教室「Drums 好」 スクールブログ ドラムを始めた...

ドラムを始めたきっかけその3「情熱大陸」

さぁ!書いていきますよー!!

というわけで、いっつも深夜の投稿ですみませぬ。

前前回、ドラムのきっかけその2を書いてほっぽらかしになってました^^;



さっそくきっかけに入りますが。

当時、大学3年の頃に、
「Live image」という、あの癒し系コンピアルバムの、ライブを見に行ったのです。

そこで本来なら打楽器陣に目がいくところなのですが、
やっぱり目がいきました。

そう。葉加瀬太郎さん。
ステージ上で、感情を込めて、そしてなにより楽しそうに、
「ほら!音楽ってこんなに素晴らしいでしょ!?」
といわんばかりに演奏している姿を見て、


「コレダ!!!!」(なぜかカタコト

と思ったのが運の尽きというか(笑)


でも今からバイオリンは出来ないし、
自分が出来ることってなんだろうって思ったら、
やっぱり打楽器だったんですね。


そこからは親に「俺、音楽やっていきたい」とぶちあげ、
大学に通って単位はちゃんととりつつも、
一日の半分以上を部室で楽器を叩くことに費やし。

そこからはもう音楽にドハマリしましたね。
もちろん、今は今でまた違った観点でハマっているのですが(笑)


でもでも?あれ?
大学でパーカッションだったんじゃないの?
なんでドラムで?と思ったあなた。
読んでくれててありがとうございます(笑)

なぜパーカッションだった僕が、
ドラマーへの道を歩み始めたのか。
その、辛く切なく、哀しいドラマがまちうけているのです…。


次回!!
ドラムを始めたきっかけその4「そういうあれかー!」

に続きます!
乞うご期待!

 

(2012年6月12日(火) 4:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

専門学校では全国学生最優秀賞を受賞。パーカッションのサポートでも活躍

ブログ記事 ページ先頭へ