全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室兵庫 S.O.D(スクール・オブ・ドラマーズ) スクールブログ 初心者からのド...

初心者からのドラム 1

まずはドラムのハードウェア名称を覚えましょう^^


車の運転で「サイド引いて!」と言われても、名称を知らなければどれを引いていいか分からない・・・


それと同じで、

まずは名称を覚えることからスタートです☆


*添付画像参照


A:バスドラム(バスドラと略すことが多い)
B:スネアドラム(スネアと略す)
C:タム、またはタムタム(画像のように二個の場合は口径が小さい方がハイタム、大きい方がロータム)
D:フロアタム(フロアと略す)
E:ハイハットシンバル(ハイハット又はハットと略す)
F:サイドシンバル(クラッシュと言う場合が多い)
G:トップシンバル(トップまたはライドと言う場合が多い)




基本的な名称は上記のとおりです。

通常、会話の中では略して使う方が多いです。




次回はスティックの握り方について説明しましょう^^

初心者からのドラム 1

(2012年6月9日(土) 0:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーデビュー後、年間150本の全国ツアーを経験!豊富な講師経験も

ブログ記事 ページ先頭へ