全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #580 (6...

#580 (6/4)~フットペダル♪


おはようございます、北大阪・神戸方面ドラム・コーチの金澤です。

今日は江坂、吹田間でレッスンでした。
レッスンで「フットペダル」についてよく質問されます。スティックは自分の物を使いますが、ペダルは会場の物を使用する事が多いので、使用方法や調整方法がわからないようです。

確かに会場によって置いてあるペダルのメーカーや種類は異なります。購入するには数万円程必要ですし、初心者の方がいきなりペダルを選ぶのも苦労されると思います。

そこで今回は、フットペダルの構造を知り、普段から自分に合ったセッティングが出来るように説明しておきたいと思います。

画像の各調節ボルトの役割を理解し、フットペダルの構造を知っておきましょう。


①このボルトはバスドラムフープに挟んでフットペダルを固定します。手で回せるタイプが主流。意外とこのボルトをほったらかしにする方が多いです。

②ビーターの長さを調節し固定するボルト。チューニングキーで固定します。ここが緩む事故がよくあります。

③ビーターの角度(ビーターアングル)を調整するボルトです。通常はヘッドから45度の角度でセッティングします(画像の位置)。ここを強さ調節と間違えている方も多いです。

④スプリングの強さを調整するボルトです。いわゆる「はねかえり」の調整をします。緩み過ぎると返りが悪く、強すぎると足に負担がきます。

上記①から④のボルトを毎回セッティング時に気をつけるようにすれば快適なフットワークが可能になります。
多少メーカーによって場所が違いますが、ほぼ同じような調整が可能です。購入するのは様々なペダルを踏んでからで大丈夫ですよ。

#580 (6/4)~フットペダル♪

(2012年6月4日(月) 0:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・尼崎(JR)・芦屋・三ノ宮・兵庫・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ