サイタ音楽教室ドラム教室愛知 Smile Music School スクールブログ ダブルストロー...

ダブルストロークについて

今回はダブルストロークについて書いてみたいと思います。


ドラマーだけではなく、打楽器奏者にとってダブルストロークは必須な演奏草本の一つですが、ダブルストロークはとても奥が深いものです。

やり方を間違えると、クセがついてしまうだけではなく、手首に過度な負担がかかり、腱鞘炎などになりかねません。

ダブルストロークとは、1ストロークの中に音を2つ叩く奏法の事ですが、
速さばかりを追求してしまうと肝心のストロークも崩れてしまいます。

ダブルストロークは、あくまでシングルストロークの腕の動きを無くさない様に、スティックのリバウンドを最大限に利用しながら演奏しなければいけません。

ダブルストロークは、「速さ=格好いい」ものでは決してありません。
音の粒が揃っている事、正確に刻める事が格好よさに繋がるのです。

派手に思われがちなダブルストロークですが、遅いテンポから着実にステップアップされる事をお勧め致します。

何より、クセがついてから修正するのは途方もない時間を要しますし、
体を痛めてしまっては大変ですので。

ゆっくり、確実にトレーニングしていきましょう^^

 

(2012年5月26日(土) 19:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

オランダの世界大会金賞!TVでも活躍中の先生に習う大胆かつ繊細なプレイ

新着記事

先日、MAPEX JAPAN スタジオにて撮影させて頂きましたDEMO動画が、全て公開となりました(^^) お楽しみ下さいませ! 『MAPEX & Beyond Shimano 立花朝人 DEMO動画』 vol.1 http://youtu.be/7xMIB6zEi0w ...

2016年7月より、ドラムメーカー MAPEX JAPAN & Beyond Shimano 様の エンドーサーとしてお世話になる事になりました! 益々精進して参りますので、 今後とも何卒宜しくお願い致します!! 立花朝人

【シンバル豆知識 ①】 Zildjian(ジルジャン): オスマントルコ時代、 アヴェディス1世は錬金術研究の過程で独特の金属配合法を発見。 その功績を讃えられ、 オスマントルコ皇帝よりZildjian Zil=シンバルdji=職人ian=息子の称号を受けた。 それが、Z...

スタジオにいた若者達が、 「昨日のライブ、めっちゃ手抜いたわ〜」と自慢気にメンバーに話し笑っていた。 話の流れから察するに、 明らかに売れる事を意識しているバンドの様だが、昨日は客数も少なく気持ちが入らなかったのだそうだ。 君達は絶対に売れない…。 売れてはいけない…。 売れる...

知っていそうで、意外と知らないドラムの定義(^ω^) 勿論ご存知の方も多いかもしれませんが、 ドラムとは! バスドラム、スネアドラム、ハイハットの3点が揃っていること! 長い歴史背景があり、この3点がドラムの定義となっているわけですが、この3点だけでいかに表現できるかは...

ブログ記事 ページ先頭へ