全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ #551 (5...

#551 (5/6)~ライド・シンバル♪


おはようございます、北大阪・神戸方面ドラム・コーチの金澤です。

GW中皆さんはゆっくりされていると思いますが、私はレッスンと体験で休みは全くありません。連休なんて夢です。ん~旅行とかしてみたい~。

今日はライド・シンバルの話。
ライド・シンバルは、昔バスドラムの上にスタンドを立ててセッティングされていたため、ライド(Ride)=乗ったと呼ばれています。別名「トップ・シンバル」とも言われますが、近年はライド・シンバルが一般的です。実はライド・シンバルは比較的新しいシンバルなんです。元々はカウベルやタンバリンでリズムを出していたのを大き目のシンバルに代用したのが始まりです。代表的な音楽がジャズです。

私もメーカー問わず沢山のライド・シンバルを持っていますが、この1年程は「小出」さんにお世話になっています。

録音の時はずっと609シリーズ19インチのライド・シンバルを使ってましたが、生演奏の時は少し音量が欲しくなり、現在808シリーズの20インチを試しに使ってます。通常より少し薄いタイプですが、小出独特の豊かなサウンドが気に入ってます(画像は小出さんの所で試していた時の写真)。少し昔のPAISTE/fomula602に似ています。

今日楽器庫に行き色々見ていると、また懐かしいライドが出てきました。808とは真逆の超~ぶ厚いライドです。現在は廃盤され珍しいのでまた生徒さん達にも紹介しようと思います。

ライド・シンバルは世の中に膨大な種類が存在します。色んなライド・シンバルを叩いて自分の音楽に合ったシンバルを選んでほしいですね。大人の方は良いライドを1枚持っているとオシャレですよ。

#551 (5/6)~ライド・シンバル♪

(2012年5月6日(日) 0:04)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ