全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 サニードラムスクール スクールブログ 簡単でも・・・...

簡単でも・・・。

最近僕が対バンなんかでよく見るのが、

すごいテクニカルでカッコいいフレーズなんだけど、何かグチャグチャな感じ。

おそらく超有名なドラマーを見て真似をしようと思ったのでしょうが、
ちょっと待ってください!!

まずはそのフレーズを使う前に周りと合っているのでしょうか?

グチャグチャに聴こえるのは大抵周りと合っていないか自分の練習不足です。

もし自分の練習不足ではなくて、単純に周りとあっていなかったら、
ものすごくシンプルにやってみましょう。

これだけで十分に音楽になります。

まずは音楽ありきでフレーズを考えることをお勧めします。

もちろん、テクニカルでカッコいいフレーズが悪いといってるわけではなくて、
カッコいいフレーズというのは、

「周りと自然に合っていて、
かつ普通の人が見てもカッコいいと思わせるフレーズ」

のことなんです。

もしいろんな音楽を聴いて耳に残るフレーズがあったら
まずはフレーズそのものではなくて、

「周りの状況」

を聴いてみると使い道がわかると思います。

例え誰がやってもできるようなシンプルなフレーズでも

「その状況でのベストと言えるようなフレーズ」は

めちゃくちゃカッコいいんです!

まずは簡単なフレーズを完璧と言えるまでに練習した方が

変な場面で繰り出すテクニカルなフレーズを練習するよりも、

ずっと上達しますよ。

 

(2012年5月1日(火) 22:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

音楽学校卒業後、サポートのほか自身のバンドで大御所バンドのライブ出演も

サニードラムスクール
山本哲也 (ドラム)

吉祥寺・西荻窪・千歳烏山・下北沢

ブログ記事 ページ先頭へ