全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室東京 高橋 城司ドラムスクール スクールブログ スティックの選...

スティックの選び方

 楽器屋さんのスティック売り場に行くと色々なスティックが並んでいる。

 有名ミュージシャンの使っているシグネチャーモデルやアニメ『けいおん』のキャラクターが使っているとされるモデル、キッズ用の可愛いモデルやディスプレイ用の巨大なスティック等、数も膨大だ。

 生徒にどんなスティックを買えば良いか質問される事があり、そんな時は私が使っているものをいくつか実際に使ってもらう様にしているが、それでもどれが良いか解らないと言う人は少なく無い。

 スティック自体のクオリティの善し悪しを査定する方法は色々ある。

 因みに楽器屋で良く目にする光景だが、グラム数を測って同じ重さだから良しとするのは大きな間違いだ。

 そして査定方法を知る事はほんの入口に過ぎない事も知っておいてもらいたい。

 本当に大事なのは、クオリティの良いスティックの中から自分と自分の奏でる音楽にあったものを選び、使いこなす事が出来る様になる事だ。

 当スクールのお薦めで一番人気はWincentのスティックで、これはバランス、音、質感、耐久性、どれをとっても申し分無い素晴らしいクオリティだ
(参考URL:http://www.applecorejapan.com/wincent/)
 
しかし、もちろん強要はしない。
他の人が何と言おうと自分と自分の奏でる音楽に合っている物がベストだと考える。

スティックの選び方

(2012年3月10日(土) 16:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

名門楽器ショップも太鼓判!信頼に裏打ちされたノウハウを独り占め

高橋 城司ドラムスクール
高橋城司 (ドラム)

高田馬場・池袋・大塚・巣鴨・田端・日暮里・上野・御徒町・秋葉原・御茶ノ水・大久保・水...

ブログ記事 ページ先頭へ