サイタ音楽教室ドラム教室東京 バシリズム・ドラムスクール スクールブログ 姿勢が良くなる...

姿勢が良くなる=タイムが良くなる!

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。

最近の趣味。活字が苦手な僕ですが、ちょっと読書にハマっています。
この間読んだのは福沢諭吉先生の「学問のすゝめ」。
【よく学び、何か(誰か)に頼ることなく、一人の人間としてしっかり独立しなさ~い!】という内容で(合ってるのかな^^;)、怠けぐせのある僕には、耳の痛いことばかりでした…

こういった本を読んで自分を奮い立たせるのは良いですね!
モチベーションが下がってきた時は、また読み返そうと思います。

さてさて、前置きはこのくらいにして、今回のお題は
『姿勢改善が、タイムをコントロールする能力をアップさせる!』
です。。。

多くのドラマーが悩みを抱えているであろう、「タイムをコントロールできなくてリズムがどうしてもよれてしまう」という問題。
調子がいいときもあるけど、ちょっと疲れてたりするとフィルインで走ったり、リズムパターンが変わったときにもたってしまったり、うまくキープできないなんていうこと、ドラマーなら誰でもありますよね。

今回はそんな問題を解決する方法を一つ、コッソリお教えしましょう!…というかすでに書いちゃいましたが(爆)、「姿勢」が重要なポイントなのです。

僕は物心ついた頃からすでに猫背でした。今までの人生の中で何度も、背すじが曲がらないように気をつけていた時期がありましたが、結局楽な猫背スタイルに戻ってしまいました。
そして猫背をこじらせてしまうと、ドラムの演奏にも悪影響が…!?タイムがキープしづらくなってしまうのです。&バスドラのキックも踏みづらくなり、ドツボにはまるといよいよスランプになって、抜け出せなくなります。
前々から何度かそういうことがあり、自覚もあったので、その時は背すじを伸ばすようにしていたのですが、つい自分に甘えてしまい、油断すると猫背に…

そもそも、なぜ猫背がタイム・キープに影響があるかというと、理由は僕の経験上、以下の3点が挙げられます。

・重心が後ろに行く。
・股関節が固まり、足の動きが胴体に影響し、バランスを崩しやすくなる。
・頭の位置が下がり、ドラムに近づくので、自分の音を客観的に聴けなくなる。

このことから、背すじをある程度真っ直ぐにし、ぶれない「体幹」を作ることが、タイムのキープや、4ウェイで身体のバランスを崩さないための重要なポイントであると言えます。

もちろん猫背気味でも素晴らしいドラマーもいます。
しかし、それは多くの場合、身体ががっちりした人です。
特に筋肉があまりなく、細身のドラマーは、ちょっとしたことで身体のバランスを崩してしまうので、姿勢がプレイに大きな影響を与えます。

僕の場合、そろそろ根本的に解決しよう!ということで、昨年から良い姿勢をキープするために、背筋、腹筋のトレーニング、そして背中のストレッチをしています。
ストレッチの方法はいろいろありますが、僕はネットで調べた簡単にできる方法で行っています。

寝る前の、ちょっとした日々のトレーニングのおかげで、以前より姿勢のキープが楽になり、スランプに陥ることも少なくなりました。
最近では、これに+αとしてジムでもっとしっかり鍛えたいなという欲求がでてきました。
まあ地元にある公共施設のジムが改装中でまだ行けてないんですが^^;

あとは、姿勢が良くなると気持ちも引き締まり、活力がみなぎってくるような気がします。
周囲の人からも、明るく堂々とした印象に………見えたらいいな(笑)

猫背な皆さん、今日から僕と一緒にレッツ・トレーニング★
ではでは、またお会いしましょう!

姿勢が良くなる=タイムが良くなる!姿勢が良くなる=タイムが良くなる!

(2012年3月1日(木) 17:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

お兄さん的存在!ハートフルなアドバイスと「いい音色」を目指す

新着記事

今回のコラム!お題は 「ポジティブ練習法」 以前テレビでゴルフのレッスンプロの方が行っていたのを参考に、自分のレッスンにもアレンジして取り入れています。 生徒さんにも普段の練習としてオススメしていますのでザックリとご紹介します! ●「できない」を繰り返すとスラン...

おかげさまでバシリズム・ドラムスクールが、コーチアワード2017ドラム部門にて受賞しました! 「コーチアワード2017」とは… 「サイタ」にて、2016年4月〜2017年3月の期間中に、レッスン実施数や継続率、入会率等を指標とする「受講生満足度」が特に高いコーチを20名選出し、表彰。 ...

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。 新年度、新しいことをはじめるにはぴったりな季節となりました。 私は最近、譜面を書くという作業を「紙とペン」から「コンピューター」へ移行するため、日夜試行錯誤をしております! さてさて今回のお題は 「ドラム上達には欠かせない(ち...

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。 音楽は普段ロックばかり聴いていた私ですが、最近の仕事の影響もありジャズ、特にビッグバンドに魅力を感じてます。 これを機にジャズに対する苦手意識を克服したいものです(^^;; さて、今回のお題は 「タイム感向上計画〜リズムの...

こんにちは!バシリズム・ドラムスクールの船橋です。 今回は最近マイブームのトレーニングをご紹介します。 それは… 運転中の左足トレーニングです!(AT限定) オートマじゃないとできませんが、まず左足をヒールダウンで一定の間隔で踏みます。 これだけでも3~4分やっている...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ