全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室神奈川 ドラムスクール・ポリリズム スクールブログ ドラマー、体の...

ドラマー、体のケア

最近ドラびでおこと一楽儀光さんが腰痛によりドラムを引退なさることになり、少なからずショックを受けました。

http://doravideo.net/

今後はDORAnomeという音と映像を操る楽器をメインに活動していくそうですが、腰痛で引退とはなかなかひとごととは言い切れません。腰痛、痔などはプロドラマーにとっては職業病です。

例えばヘヴィロックバンドのKORNの元ドラマー、デイヴィットはパワーヒッターすぎた為に肘の骨が腕の神経を圧迫し数曲叩くと腕が動かなくなるという症状が起き手術をしました。またSEX MACHINEGUNSの元ドラマー上野浩二さんも持病の椎間板ヘルニアの悪化のためバンド脱退を余儀なくされました。またX JAPANのYOSHIKIさんもヘッドバンキングと強引なプレイスタイルにより頚椎椎間板ヘルニアや神経循環無力症を度々発症、手術もしています。2バスメタル系の方は特に体を壊しやすい傾向にあるようです。

このような体への負担を少しでも軽減するのに脱力のスタイルが必要になってきます。そしてプレイ後の体のケアも大事です。

個人的にもセルフケアについてはとても悩んでいたので友人のスポーツコーチに相談したところ、

●プレイ後のクールダウン、ストレッチ
●41度程の湯船に20分浸かる

というアドバイスを頂きました。
また長期的な故障の予防策としては、

●必要な箇所に筋肉をつける
●関節の駆動域を広げる

ということも大事になってくるようです。

とにもかくにも、ドラムという楽器を長く楽しむためにも皆様あまり無理をなさらずにご自愛くださいませ。

 

(2012年2月2日(木) 22:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドラマー家系ならではのセンス。ジャズ~ブルースまで、女性の生徒さん多数

ブログ記事 ページ先頭へ