全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ バランスが大事...

バランスが大事♪

おはようございます、ドラム講師の金澤です。

今日は、あるボーカリストのレコーディング仕事でした。まだオフレコなので詳しくは話せませんが、その中でタメになる話をしたいと思います。

バンドで練習する時、リハーサル・スタジオでは耳で各楽器の音量バランスを調整しますよね。ですがライヴ・ハウスのような広い場所で演奏する時は、フロントにスピーカーがある為、ステージはモニター・スピーカーを使って各楽器の音量バランスを調整します。調整はサウンド・チェック時に音響スタッフに自分の演奏しやすい環境を伝えます。

又、レコーディングではヘッドホーンを使い、※CUE BOX(キュー・ボックス/画像)を使って音量バランスを調整します。これは手元にあるので自分でバランスを調整します。
※CUE BOX(キュー・ボックス)とは、録音スタジオや舞台において、演奏者等の手元で個々にレベル調整可能な小型ミキサー付きのヘッドホン・モニタリング・システムの事。

ライヴにおけるモニターも、レコーディングにおけるキュー・ボックスもバランスが大事です。
ライヴでバランスの悪いバンドほどステージ周りがうるさく、ハウリングを起こしてます。これは聞こえないから上げるを繰り返してるからですね。上手なバンドはステージ周りが心地よいですからね。

私の場合、レコーディングにおいてもキュー・ボックスのレベルはかなり低いです。一番大きい順に言うと、クリック、ベース、ドラム、あとは少しずつです。ドラムも半分生音が聞こえるように調整します。

何事もバランスが大事なんです♪

バランスが大事♪

(2012年1月30日(月) 1:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ