サイタ音楽教室ドラム教室東京 マフィンドラムスクール スクールブログ ある、ミュージ...

ある、ミュージカルから

愛する人に、別れをつげられた作曲家の彼。
悲しさのあまり、作曲作業ができません。
泣いてばかり…(:_;)
そんな彼に老人は語ります。
「鳥は飛ぶ、魚はおよぐ、詩人は詩を書く。
作曲家の君は泣いてないで曲をかけ!」

うーん、ドラマーである私はズバリ叩けなんだろうな。
なにがなんでも叩かないと。
みなさんはなんでしょう?
食べる?…寝る(笑)
あっ 笑うってのは素晴らしい!

 

(2012年1月24日(火) 21:56)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ゲームのサントラ、愛知万博での演奏、提供した曲は数知れず

ブログ記事 ページ先頭へ